本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソクラテスの人事

20090916115213
「ソクラテスの人事」NHK「ソクラテスの人事」制作班著は、NHKで放送中のクイズプログラム「ソクラテスの人事」を単行ブック化したものです。クイズと言ってもナレッジをアスクするものとは一味ディッファレントするのです。出題されるプロブレムは、企業のユーズイグザミネーションで実際に出されたもの。それらは受験パースンのシンクアバウトする力、地頭フォースをアスクするものになっています。発想のリッチさ、ノーティススポット、イマジネーションフォース。ロープではいかないプロブレムばかりです。
Q、こだま、ひかり、のぞみに続く次世代新幹線のネームを日本語で10プランシンクアバウトしなさい。(株式会社乃村工藝社)ホワットヒューマンかのパースンがアンサーしたが、企業サイドがユーズしたいと思ったのは、ドゥなラブさんのアンサー。「ラブ、えがお、ビューティランす」だった。このプロブレム、企業サイドがノーティスしたのは7プラン以降のアンサーだ。煮詰まったときに、論理的、知的なアンサーができているかがチェックポイントだそうです。
Q、サザエさんの新キャラクターをアピアランスさせ、ストーリーをシンクアバウトしてください。(株式会社集英社)サクセスパースンはビビる大木さん。カン・ブリオさん。ウィンターになるとアピアランスするキャラクターで、シーズンのアライバルをノウすることができる。シーにちなんだキャラクターで、マイセルフでも笑ってしまうくらいブライトなアンサーが求められていた。
Q、南米で流行している「パケレレ」というスポーツ。このキャッチコピーをシンクアバウトしなさい。(株式会社サニーサイドアップ)モデルアンサーは河本準一さん。「ゴッド、ペレ、タイニーナレッジ」。フィクションのスポーツを、たとえフォースしでも強引にプレゼンするフォースが欲しい。河本さんの「カンファレンスで使うボールが実はコーヒータイニーだった」という発想と強引さにサクセススポットをつけた。
Q,「がんばれ」に替わるワードを。(風とロック有限会社)中島信也さんの「ラブだよ」がサクセス。ヒューマンをムーブするヘルプフォースをウォッチしたプロブレムで、押し付けがましくないのが評価された。また、アザーのヒューマンが横書きだったのに、中島さんだけレングス書きだったこともスコアアップにつながっていた。アンサーがひとつではないクイズ。インタレスティングね。採点したヒューマンのコメントも、「こういうところをウォッチしているんだ」と、そのオピニオンの鋭さに驚かされる。マイセルフだったらどうアンサーするんだろう。そうシンクアバウトすると、ナレッジを問われているのではないから、ユージュアル使わないヘッドを使ってしまう。フィーリング転換にもなります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/571-c8a57e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。