本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコ*コモノ―お菓子のパッケージをリサイクル

20090918092832
「エコ*コモノ―お菓子のパッケージをリサイクル」平田美咲著は、キャンディーのルームボックス、袋をユーズしてメイクする雑貨のブックです。かわいいキャンディーのボックスなんかをスローアウェイするのにためらいをフィールしているヒューマン、もったいないなあって思っているヒューマン。サッチキャンディーのパッケージ、こんなにかわいくなるなんて、ウォッチしてるだけでイナフにハピネスになれるブックです。
・パッケージペーパーをそのままユーズして、雑貨コンストラクション:キャンディのパッケージペーパーでドライした粘土をパックし、紐をつけてストラップにする。チロルチョコやフーセンガムのルームボックスにシートタイプのマグネットをプットインして、キャンディーモチーフのマグネットをメイクする。冷蔵庫に貼ったらファンそう。チロルチョコのパッケージペーパーは、くるみボタンにもユーズできる。パッケージペーパーをラウンドに切って、パーソナルユーズのキットでボタンにフィニッシュアップする。
・アウトサイドボックスをユーズ:チェルシーのアウトサイドボックスの、ワイドなフェイスをユーズする。切ってレフトから1,5センチのところにマナーをプットインし、等間隔でホールをオープンする。スペースにペーパーをはさんで綴じればかわいいメモカーテンに。応用で、リングノートもメイクすることができる。コーンフレークのルームボックスなど、大きなものがよい。リングはワイヤーをペンシルなどにウィンドしつけてつくる。ルーム箱を切り取ったシックペーパーとルーズリーフを綴じれば、キャンディーパターンのノートのレディし。
・カルトナージュ:ボックスにクロースをスティックする手芸。プリングルスのルームボックスにかわいいクロースを貼って、ペン立て、さらに紐をつけて壁掛けラック、ドリンクホルダーに。アイスクリームのピノなど、ふたがついているタイプのボックスは、このメソッドでかわいい小物入れに変身します。
・パッケージをそのまま再利用:このブックでは、キャベツ太郎というキャンディーのバッグをユーズしてエコバッグを作っている。ビサイドのラインにバイアステープをユーズし、なかなかしっかりしたコンストラクションになっている。キャラメルコーンのパッケージは、そのままポーチに。アテンションしたいのは、キャンディーを食べるときにオーバーではなく、ミドルからオープンすること。パッケージの上下をバイアステープで処理し、ミドルにファスナーをつけたポーチ。けっこうたくさんものがゲットインしそう。キャラメルコーンのパッケージはブックカバーにも再ユーズできる。開いてビサイドをカットダウンし、ベンドしてミシンで縫う。サッチカバーがあったら、ディッフィカルトなブックでもファンに読めます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/573-ae119dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。