本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しがみつかない生き方

20090928152227
「しがみつかない生き方」香山リカ著は、ニューブックでイージーなセンテンスでわかりやすく、リードしやすいブックです。香山リカさんは精神科医で最近、ディスカッションのサブジェクトがアゴーと違ってきたことが気になっている。アゴーは、高望みといえるホープを抱いて、ハピネスになれないというヒューマンがメニーだった。プレゼントタイムは、一見ハピネスに見えるヒューマンが、このハピネスがいつまで続くかわからない、アングザイエティーだとマウスにするのだそうだ。一度レールをオフしたらエンド。そのアングザイエティーをフーもが抱いている。では、そのようなアングザイエティーに押しつぶされず、ジェネラルのハピネスをハンドにプットインするためにはどのような心構えであればよいだろうか。ウーマンのインサイドには、ラブがうまくいかないことで、ひどくフィールダウンするヒューマンがいる。グレートエフォートハウスのウーマンにメニー。プレゼントタイムまでのサクセスパーソナルエクスペリエンスから、失恋したのはマイセルフのグレートエフォートが足りなかったせいだとシンクするのだ。But、ラブは相手があってのこと。
ラックもある。ラブにすがらない生き方をしたい。就職ではワンセルフPRがインポータントといわれている。But、自我をクレイムするヒューマンばかりではカンパニーはうまくいかない。成果ルールをハーベストし、アメリカ化したカンパニーでは、うつ病などのメンタルヘルスのペイシェントが増えている。経営マークにウォッチしてもよいこととは言えないようである。テレビの番組は、F1ベッドといわれるヤングなウーマンをターゲットにして作られている。ベストバイフォースがあると考えられる世代だが、現実にはそうではないこともメニーなのだから、テレビのプログラムがつまらなくても、テレビに、ひいては世間に取り残されたなどと考えなくていい。エイジすることを恐れなくていいのである。近年、死んだアフターのことをシンクアバウトするヒューマンがいる。身内にトラブルをかけたくないというが、ヒューマンは誰でもエイジし、ダイするものなのだ。多少のトラブルくらい、かけてもいいとシンクアバウトしていたい。タトゥーをプットインしたウーマンが、そのことを後悔し、消したいと思っているというニュースがあった。ネットのノ
ーティスボードでは、ウーマンの軽はずみなアクションをブレイムする論調がハードだった。一ディグリーのミステイクを許せない、狭量なヒューマンが増えている。コンテストがヴァイオレントになったこのソサエティーで、一度ルーズしたワールドに共感をカムニヤーすることを怖がっているかのようだ。But、もうちょっとステートを見よう、あいまいなことも受け入れようとするリザーブが、ソサエティーにあってもいいのではないか。香山ティーチャーは、小泉改革のアフター、日本ソサエティーはコンテストがヴァイオレントになったとシンクアバウトしているようだ。今の日本ソサエティーは、なかなかストレスフルなソサエティーといえるソートオブだ。But、ライフにはモーストもリーストもない。ただ淡々とエブリデイをアクセプトし、パスしていく心構えが、クワイアットにリブするコツであるソートオブ。香山ティーチャーは、勝間和代さんのことをばっさりカットダウンしていた。このソサエティー、みんながサクセスパースンになれるわけではないのである。サクセスパースンはそのコーズをすべて自らのグレートエフォートのおかげと自負し、そう
でないヒューマンをグレートエフォート不足とブレイムする傾向がある。しかしそれは、実際にはラックであったりすることのパースンがメニー。みんながサクセスを目指すネセサリーはない。ウィンクラスも負けクラスもないのだと、香山ティーチャーはおっしゃっているのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/576-96914656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。