本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼肉屋は食べ放題なのになぜ儲かるのか・小倉優子と学ぶ会計学

20091007100033
「焼肉屋は食べ放題なのになぜ儲かるのか・小倉優子と学ぶ会計学」小倉優子、五十嵐明彦著は、会計雑学のブックですが「さおだけ屋はなぜつぶれないのか」とか「スタバではグランデを買え!」のようなブックなのです。タレントの小倉優子さんがイメージキャラクターをサーブする「焼肉屋小倉優子」が一応のテーマになってはいるのですが、小倉優子さんにはあんまり関係がないのです。ゆうこりんは撒き餌ソートオブなもので、ブックをセルするためのしかけなのです。サブジェクトはインタレスティングなです。ゆうこりんに惹かれて飛びついても損はしない。ヤングなパースンが知らずに買ったとしても「勉強になった。さすがゆうこりん」と思えるグッドな本だと思います。
・ポイント還元と割引はどちらがプロフィットか:10%割引と10%ポイント還元では、消費パースンにとってプロフィットなのは割引のパースンなのです。1万円で10%ポイント還元ということは、1万1千円のものを1万円でセルするということなのです。これを割り算してみると、割引レートは9.09%なのでストアーサイドのチャージが少ないのです。ポイントカードをゲストにパスオーバーすることで、再来店するポッシブルカスタムがハイになるので、ポイントはいわばそのストアーリミットの商品ティケットと考えられるのですが、ポイントをユーズアップするカスタマーが少ないことからも、ストアーに利点があるのです。使い切らない、セーブしリーブのポイントは、いわばストアーに対する寄付ソートオブなものなのです。
・なぜバーはランチをやるのか:ランチはそれほど儲からないのです。ランチのタイムにヒューマンが集中するので、回転レートがショートし、コストプライスもコモンビジネスと変わらないのです。ランチをやるリーズンのひとつに、在庫のロスを減らすというものがある。ヌーンにもクッキングを作ってテイクアウトすれば、マテリアルの廃棄レートを減らすこができるのです。広告宣伝にもなる。チラシを作ったりするよりも、ゲストを呼びやすいのですが、ランチビジネスでインタレストをテイクアウトするのはシーリアスなのです。人件コストもエフォートもかかるのです。このブックでは「焼肉屋小倉優子」ではランチを出さないほうがよいとステートしているのです。ほかにも、セットメニューは利益率のハイな商品をセルするしかけだとか、クレジットカードは手数料がハイなのでクーポンティケット支払いができないだとか、レギュラーライフに密着した会計雑学がフルロードで、センテンスはイージーで、リードしやすいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/583-b2849a20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。