本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機関銃英語が聴き取れる!

20091013161858
「機関銃英語が聴き取れる!」上川一秋、ジーナ・ジョージ著は、英語トレーニングは一ストリートアクセプトしワードもそこそこ知っているし、グラマーも受験にネセサリーなナレッジくらいはプロヴァイドフォーしているけどどうしてもリスニングがプアーで、聞き取れないというパースンには飛びつきたくなるタイトルだとですね。実際よく売れていて、役に立ったというヒューマンもメニーというのです。ブックに書いてあることがアンダースタンディングできるというパースンには、ホワットかの役に立つのではないかと思います。日本人は英語のシラブル、音節をアンダースタンディングできないから英語が聞き取れないのです。「good morning」 日本人は ぐっ・ど・も・お・に・ん・ぐとアンダースタンディングする。ネイティブの発音はこうだ。good・morn・ning。子音、母音、子音のマスがひとつのシラブルになる。picnicは、pic・nicと分けられる、ふたつのシラブルからなるランゲージである。日本語と英語はビートがディッファレントする。日本語は2ビート、英語は3ビートなのです。日本語の
ビートはダダダ、英語のビートはボンボンボンなのです。「tennis」日本語ビートではte・ni・su。ダダダ。英語ビートではten・nis、ボンボンというビートをよくアンダースタンディングしておきたい。英語をキャッチするとき、スロートの奥にノーティスすればヒアしやすい。英語は日本語とディッファレントし、スロートの奥で発音されるワードがメニー。日本語はマウスで発音する、マウス発音なのです。ネックのオーバーのパースンをアクビエリア、スロートの奥をゲップエリアとネームしてみる。ゲップエリアで出されるローボイスにアテンションすると、ヒアし取りのフォースがスペシャルにストレッチする。だみ声のような、びりびり響くようなサウンドなのです。日本人のプアーな「ア」の発音は、このように分析されるのです。hot、hut、hatの母音はすべて、日本人には「ア」と聞こえるのですが、hotのアはアクビエリア、hutのア、hatのアはゲップエリアでファイヤーせられている。hatは牛蛙のような独特のエコーがあり、hutはアとウのミドルのようなサウンドなのです
。日本人も、ベイビーピリオドには英語とセイムスロート発音をしている。成長してマウス発音になると、ワードをはっきりスピークするようになるのです。英語をスピークするときはあまりはっきり話さないパースンがいい。特にウーマンは、ハイなボイスをテイクアウトしてもかわいらしいとは理解してもらえない。ソリッドボディーマークで流動的なショートなボイスこそ、コンパニオンにゴーアロングしやすい音域なのです。CDがつき。ヒアし取りのトレーニングができるようになっています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/586-1d9ead7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。