本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan

20091015144818
「勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan」勝間和代著は、賛否両論があるのですが、ストライクするヒューマンは勝間和代さんのクレイムをうすっぺらく、ワンセルフ顕示欲がハードと言っているようなのですが、ソサエティーのビジネス書の80%はサッチものかも知れません。ブックの構成は、勝間和代さんのクレイム、西原理恵子さんとのトークで、雨宮処凛さんとの対談でまとめというものになっているのです。ビギニングのクレイムは、ジャパンはヤングマンがダークというのだ。勝間和代さんは40代で、バブルもエクスペリエンスしたワールドなのですが、ジャパンの明るいピリオドを知っているからなのですが、ヤングマンはそういったムードを知らず、絶望だけがあるようだというのです。ジャパンはウーマンがワークしにくい国だというのです。フォーリンキャピタルシステム企業にサーブしていた勝間和代さんはそれが実感できるというのです。もっとチャイルドメディカルケアをアッドトゥし、保育園をアッドトゥし、ウーマンのフォースを登用できるソサエティーにしたいというのです。西原さんとのトークでは、離婚について西原さんは
、彼氏にダイヤモンドを買ってもらうと言ったドーターを叱ったことがあるというのだ。なんでもマイセルフで買えるようになれとティーチしたというのです。ウーマンも、離婚しても困らないビジネスフォースをつけるべきで、男性やステートに頼っていてはいけないというのです。勝間和代さんは発展途上カントリーをサポートするコンストラクションをスタンドしギブし、西原さんはカントリー全体がシーフだったりするので、サポートをアクセプトするパースンも、吸い取るパースンも、みんなシーフだったりするというのだ。雨宮さんとのトークも勝間和代さんは慶応出身ということで、周りにワーキングプアがいないので、さっぱりわからないとスピーチしているのです。雨宮さんのクレイムは、ワーキングプアのヒューマンたちに、ソサエティーのアンダースタンディングが寄せられないことがプロブレムであるというのです。エイジのヒューマンはワンセルフデューティーだ、マイセルフだってヤングなタイムは苦労をしたというのですが、セイムような境遇のヒューマンも、がんばっているから、文句を言うヒューマンは甘えているのだというのです。ワンセルフのアイデ
ンティティを否定されないために、ヤングマンの貧困をワンセルフデューティーで終わらせようとしているというのです。ラストのまとめでは、投票しホールライフハイアーからソフトなハイアーへファミリーに対するカントリーのサポートをカインドにしワークシェアリングすべきだというのだ。ウーマンの差別はオポジットで保育園をグローし、レギュラーのハイアーと非レギュラーのハイアーの処遇をアイデンティティにしてオフィシャルトレーニングの充実をプランし、収入の5%を寄付しようというのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/588-1ffa23be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。