本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する

20091021113044
「貧乏はお金持ち──『雇われない生き方』で格差社会を逆転する」橘玲著は、橘玲さんのブックを読むとファンなのは、目からウロココンディションだからなのです。副題に、雇われない生き方とあるのですけれど、脱サラをオファーした本ではないです。タックスシステムをうまくユーズして、アッパーパートに手元にマネーを残そうという節税のブックなのです。橘さんはプレゼントタイムのジャパンの状況を、ムービーハウスに例えて、ムービーハウスのアウトサイドにラインができていて、ムービーハウスはフルハウスで、フーもそこからアピアーしてこようとはしない状況だというのです。ムービーハウスのインサイドにいるのは正社員で、並んでいるのは非レギュラーハイアー、もしくは失業者たちで、ムービーハウスにいるヒューマンは絶対にシートを譲ろうとはしないし、そもそもシートが足りないので、ラインはフィニッシュすることがないのだというのです。センドワークを禁止したところでビジネス状況がよくなるわけではないですし、センドのワークも減って、収入のないヒューマンが増えるだけだというのです。ジャパンはヤングマンに犠牲を強いてエイジの正
社員を守っているというのです。これからは正社員になるのがディッフィカルトなピリオドが来るし、そもそもサラリーマンがすばらしいソーシャルポジションかといえばそうでもないのです。プライベートパースンが法人をメイクすることは意外にシンプルなので、コーポレイトボディーをユーズして合法マークに節税し、資産をリーブすることもディッフィカルトにはないのです。このブックでは、サザエさん一家をモデルにして、サラリーマンコーポレイトボディーとはどのようなものかを説明してくれています。マスオさんがコーポレイトボディーをメイクし、カンパニーと契約してワークを請け負うことになったのです。自宅が仕事場になるので家賃をコストにでき、波平、フネ、サザエ、カツオ、ワカメを従業メンバーにして給与をペイし、人件コストとすることができるのです。海外にゴーアウトしたときも、そこでワークをパフォームすればコストとして認められますし、サザエさんがパーティタスクのドレスを買ったとしても、それもワークのためのコストとすることができるのです。ファミリーをサポートにし、自営業パースンのための年金をユーズするなどして、アカ
ウントオーバーは常に赤字コンディションにしながらキャッシュをストアーすることができますので、コーポレイトボディー化することによってさまざまなメリットがあるのだというのです。ライターはジャパンにはたくさんのインタレストがあり、それによって歪められていることが沢山ありますので、自営業パースンに課されるタックスシステムが、サラリーマンよりも節税しやすいこともその一カスタムだというのです。実際には、カンパニーメンバーのソーシャルポジションをスローアウェイしてコーポレイトボディー化するヒューマンなど殆どいないのは、安定したソーシャルポジションをスローアウェイすることを、フィアーしているからだというのです。オポジットにフィアーしていた「フリーダム」がビヨンドからやってきたとき、ステートの矛盾、インタレストをユーズして生き残ることができるのです。西原理恵子さんは領収書を水増しするなどのトリックで節税をしていたのですが、タックスオフィスのインベスティゲイションでは、シーはあの手この手でタックスを払おうとしなかったというのです。困った税務職員がでは、いくらなら払えるのですか?と聞かれた
そうですが、西原さんはビギニングに出されたタックスピクチャーの10分の1をサジェストし、認められたそうです。タックスシステムは複雑ですので、単純にできないのはさまざまなインタレストや思惑が絡んでいるからなのですが、あいまいなパートもメニーというのです。プラクティスできるかどうかはディッファレンスですが、こういう現実があるとノウするのも、ファンではないかとシンクアバウトしている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/593-bec87def
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。