本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「20円」で世界をつなぐ仕事

20091024091230
「『20円』で世界をつなぐ仕事」小暮真久著は、副題に、「“想い”と“頭脳”で稼ぐ 社会起業・実戦ガイド」とあります。ソサエティー起業は、最近ノーティスされているワードですが、定義するとソサエティーマーク、パブリックの福祉になることを営利パーパスでパフォームするというフィーリングです。いいことをワークにしてマネーをゲットするということですが、いいこともマネーもライクベリィマッチで、とても魅力マークな存在なのです。ライターの小暮さんは、コンサルティング会社、マッキンゼーに籍を置いたエクスペリエンスがあるのです。カレント、NPOコーポレイトボディーTFTでワークをしているのですが、ビフォー職のエクスペリエンスを生かしてアクションを行っているのです。TFTのビジネスのパーパスは、アフリカのプアーなチャイルドたちにミールをギブするというもの。同時に、日本人のミール環境の改善にもアンオフィスバイしたいとシンクアバウトしているようなのです。企業やスクールでテイクアウトするミール。社員食堂のミールや給食のことです。これらのチャージに20円、上乗せし、その20
円でアフリカのチャイルドにミールを提供する。アフリカでは20マネーあればチャイルドが飢えなくてすむということなのです。コンセプトをきいたとき、小暮さんはすばらしいことだとシンクアバウトしたのですが、実際にワークをスタートしてみると、さまざまなディフィカルティに直面することになったのです。コンセプトはあったものの、マテリアルマークなことがホワットも決まっていなかったのです。寄付をレシーブしようにもアカウントがない。アカウントを開こうにもNPOコーポレイトボディーとしてのアプルーバルがゲットオフしていないのです。小暮さんはコンストラクションコンストラクションにアクティビティーし、TFTのビジネスをビジネスとして成立させることに腐心したのです。NPOでワークするヒューマンというと、「カインドなヒューマン、いいヒューマン」というイメージを持たれることがある。But、働いているヒューマンだって収入がなくてはリブしていけない。カインドだけではライフは成り立たないのです。フォーリンでは、NPOの幹部になると年収が3サウザンドメニーにもなる人が存在するのだとい
うのです。ジャパンでは、NPOとか、福祉というと「ボランティアでやりなさい。マネーをとるなんてけしからん」というヒューマンがいるのですが、それではヤングなヒューマンがソサエティービジネスにテイクパートすることができないのです。
よいことをするために自らを犠牲にするというシンキングもおかしいとシンクします。トップグレードのコンサルティングカンパニーのノウハウをご存知のライターですから、ソサエティービジネスで営利をテイクアウトするメソッド。センテンスもリードしやすく、サブジェクトも興味深いのです。このブックのバイプライスのインサイドからも20マネーがアフリカに送られ、チャイルドたちのミールプライスになるのだそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/595-c9e5d179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。