本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かならず成功する読みきかせの本

20091106093337
「かならず成功する読みきかせの本」赤木かん子著は、赤木さんがチャイルドたちにブックを読んでやるリーズンは、チャイルドたちがハピネスになってほしいからなのだそうです。赤木さんは、チャイルドにとってブックにタッチしているタイムはゴールデンのハピネスなタイムなのだとシンクアバウトしているというのです。アフターになって、ブックがラブなチャイルドになるとは限らないのだが、そのハピネスなタイムをパスしたことはチャイルドの心にずっと残るというのです。このブックでは、チャイルドたちにブックをリードしきかせてやるときのコツがいくつも紹介されているのです。テキストは、リードしきかせのセミプロをオブジェクトとしているのですが、それほど大げさなものではなく、メニーのチャイルドの前でお話アンダースタンディングをするチャンスがあるというのがテキストのセミプロの定義なのです。ホームでブックを読んでやるとき、アダルトはレターをボイスにすることだけを意識するようにします。チャイルドがファンならばいいとシンクアバウトして、チャイルドのペースで本をめくってあげるようにします。本は子供にライブラリーなどへリ
ードしてゴーし選ばせるといい、チャイルドが気に入っているピクチャーがあったらずっとショーしてあげる。バックからでも前からでも、ラブなようにめくらせ、レターを読んであげることにシンクインするようにします。グループでお話アンダースタンディングをするときのメソッドですが、ブックを10冊ほど選んで、リードするチャージをディサイドし、チャイルドたちのビフォーにブックをラインアップして選ばせ、チャージのヒューマンがリードするというメソッドをとればいいというのです。チャージをチェンジして何冊かリードするのだが、チャージからはずれたヒューマンはだっこボランティアになるとよい。チャイルドたちのスペースに座って、子供をだっこしてあげるというのだ。お話アンダースタンディングにはブックなんて読めないというパースンが参加してもよい。特にマンがこのウォーをやってくれると、ボーイたちのアイの輝きが違ってくるというのです。お話アンダースタンディングには、ぜひじゅうたんを持参しチャイルドたちはじゅうたんが大好きだ。これはお話のじゅうたんです。乗ってとボイスをかけてやると、ホープでチェストをわくわく
させて乗ってくる。ヒアするリザーブが、これでできるというのです。このブックには、ピクチャーブックがグレートナンバー紹介されていますので、プラクティカルユーズマークなナレッジを得られるピクチャーブック、わくわくさせてくれるピクチャーブックなどさまざま紹介されています。ジェネラルのピクチャーブックガイドとは少し違っているプレイスは、そのピクチャーブックがどのようにチャイルドたちに受け入れられるのかが解説されているスポットなのです。たむらしげるさんの「ありとすいか」は、ぎっしりドローしこんである絵が特徴で、アダルトがウォッチするとゲットドランクしそうにフィールすることもあるが、どういうわけかある時期のチャイルドにはエマージェンシーに魅力マークにカムアウトするらしいのです。チャイルドのビフォーでたくさんの本を読んできたヒューマンだから書ける、超アクチュアルスポットルール、ガチンコピクチャーブックガイドといえそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/604-20aa974d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。