本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪のはなし

20091111094829
「怪のはなし」加門七海著は、ハブアンオーディエンスするヒューマンらしいので、ゴーストストーリーやホラーストーリーがメニーなのですが、このブックのホワットがアフレイドって、レギュラーに怪異がいるらしいことだ。ゴールで、ロードで、あるいはマイセルフのルームで、このパースンは怪異に遭遇しているというのです。
・神像の話:ガイドブックには載っていない古刹をヴィジットするのがラブだ。あるとき、マイナーなゴッドを木像にしてマンヒムセルフをしているテンプルをヴィジットした。ジェネラル公開はしていないというのですが、リクエストするとすんなりとフィールドトリップを許可してくれた。霊媒ティーチャーがよくヴィジットしているようで、そのひとりと間違えられたのです。ミーティングすると、木像のアイが開いたのが見え、ホワットディグリー見返しても、ゴッドの赤い目がこちらをウォッチしているというのです。・霧のトーク:ある湿原をヴィジットし、そこがとても気に入った。イーブニング、ドリームをウォッチした。鹿が湿原のインサイドで倒れ、朽ち果て、そのオーバーにフラワーが咲くというものだった。湿原を本当にノウするということは、死してそのワンパートになるということか、と著者はアンダースタンディングするのです。ドリームは続く。ディスタイムは湿原に立っているのはライターバイワンセルフだ。あの鹿のように、湿原のワンパートになろうとしているというのです。アイがウェイクしたライターはフィアーにおののいた。自分は湿原に誘わ
れたのだというのです。湿原はあくまでも無邪気に、ライターをマイセルフのワンパートにしようとシンクアバウトしたのではないか。たかがドリーム、しかし忘れられないフィアーがリメインするのです。・マーチ十デイオブマンスのトーク:スプリングの東京はアフレイド。ボロクロースのようなチャイルドが見える。近所にピッチブラックいやせたヒューマンのフィギュアが見えるというのです。一ディグリー、ルームにもやってきたことがある。おかっぱの、もんぺをはいたガールだった。目がフィットすると、シーはビッグにマウスをオープンしてシャウトし、フェイス中を血まみれにして崩れてゴーアウトしたというのです。マーチ十日は東京大空襲のあったデイオブマンスなのです。・フレンドのトーク:身内をなくしたフレンドに、エブリナイトテレフォンをかけてくるマンがいた。ヒーはシーの愚痴をヒアし、なぐさめることをずっとコンティニューしていた。シーは体調をデストロイし、プルこもりがちになってしまったのですが、ある日、写真をテイクすると、シーにモヤが撒きついているように見えた。モヤのフォーマーにはマンのものらしいフェイスが映っている
。ライターはシーに、愚痴を言わず、とてもファイン、インパーフェクトフォームであるとリポートとスピークした。シーはかかってきたテレフォンに、ライターの言ったとおりのことをアンサーしたのです。テレフォンはポーズし、シーはとたんにファインになったのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/607-d829eff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。