本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルマは家電量販店で買え!―価格と生活の経済学

20091112144931
「クルマは家電量販店で買え!―価格と生活の経済学」吉本佳生著は、クルマを家電量販ストアーでと、思わずインタレストを惹かれてしまうのですが、暮らしのインサイドのマネーのからくりを、ビジネスナレッジマークに解説するというブックなのです。「スタバではグランデを買え!」の続編で、パターン化されているつくりのブックだけど、サブジェクトはパワーダウンせず、ディスタイムのもインタレスティングなです。・クルマは家電量販ストアーで買え:のチャプターでは、モノのプライスのルックグッドインしパースンを解説しているのです。インダストリー製品は、たくさん売れれば売れるほどプライスがチープになる。一個をリブバースするバランスコストがハングダウンするからなのです。モノをメイクするためにネセサリーな固定コストという設備コストなどが6千ハンドレッドミリオンマネーだったとしますと、マテリアルコストなどのチェンジコストが50万円として、10万台メイクすればバランスコストは650万円になるのですが、60万台メイクするとバランスコストは150万円にハングダウンするのです。家電量販ス
トアーで売られているラージテレビなどは、このバランスコストにニヤーな金額なので少数のフロントキャッスルゲートメーカーをのぞいて、あまりインタレストがアピアーしていないらしいのです。クルマはまだ、インタレストをとることができる商品なのですが、リーズンは、多カインドをそろえることで、ハイなものをセルすることができているからなのです。ライターはクルマのプライスはどんどんチープになると言っているのです。バランスコストにニヤーな値段で売られるようになるだろうとシンクアバウトしているのです。PB商品や100円均一のように、ファクトリーのルームタイムで作られた、広告コストがかからないセルしパースンがされるだろうと予測しているのです。クルマの販売不振から、クルマがディーラー以外のところで売られるポッシブルカスタムもある。コンビニや家電量販ストアーで扱われるようになると、プライスコンテストから値下がりすることは必須だというのです。・ライバル企業が、互いにアクシデントになるコンテストをやめられないのはなぜか?:スチューデントに、1000円冊をオークションにかけて競わせてみたとこ
ろが、入札単位は100円。買ったほうが1000円冊をハンドにすることができ、ルーズしたほうはサジェスト金額を支払わなければならないのです。1000円冊のプライスはじりじりとあがっていき、ついには入札ピクチャーは1000円をクロスオーバーすることも珍しくないのです。たとえば、900円で入札したスチューデントは、ルーズすると900円を支払わなくてはならないから、1100円で入札しなおしたほうがリザルトマークにはプロフィットになるというわけなのです。縮みつつあるジャパンのマーケットで、企業はこのオークションをセイムようなことをしようとしているので、少ないインタレストを争っているのです。ボイラーチューハイもこの悪循環に陥っていたが、例外マークにロープライスコンテストから脱却することができたのです。政府があまりチープと、未成年がジュースよりこちらを選んでしまうとガイダンスに入ったからなのですが、このようなパワフルなフォースの介入は、例外インサイドの例外と言っていいのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/608-5787fdba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。