本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AK‐47世界を変えた銃

20091113100035
「AK‐47世界を変えた銃」ラリーカハナー著のタイトルのAKとは、アブトマット・カラシニコフの略で、カラシニコフスタイル自動小銃というミーニングなのです。カラシニコフスタイル自動小銃はソリッドで、つくりはプレーンで、ホワット気候のローグレードでも作動するというのです。泥のインサイドに埋まっていたこのガンを、キックアウェイするとノーマルにアクチュアルワークしたというのです。AKを発明したのはミハエル・カラシニコフさんで、ヒーはロシアの農民としてボーンし、ソルジャーとなってドイツウォーの侵略と戦った。バトルのインサイドで、ガンで虐殺されたアソシエイトの姿をウォッチし、自らもホスピタル送りとなったのです。ホスピタルで、祖国をレスキューフロムするためにシンクアバウトしたのがこのプレーンなガンなのである。ネイティブカントリーのためであったので、カラシニコフファミリーネームは特許を取らなかったのは、そのジェネラルアイディアすらなかったのですが、カレントは少ない年金でリブするプアーなオールドパースンで、ビジネスマークな処置を取らなかったことを悔いてもいるのです。自ら
の発明したガンについては、ネイティブカントリーのためであった、政治ハウスの用法がディッフィカルトとしながらも、農民のために役立つものを作ればよかったとステートしたこともあるというのです。プレーンで製造もシンプルなカラシニコフは、全ワールドに広がった。ソ連がその製造をワルシャワ条約メカニズムに参加していた国々にアプルーバルしたこともあり、中国などでは大量に生産されているのです。このブックでは、このガンがワールドにギブしたエフェクトをディーテイルにステートしているのですが、あるときはフリーダムのためのバトルに使われ、あるときはピープル浄化に使われ、またあるときは麻薬マフィアのフェイヴァリットとなったカラシニコフなのです。アフガニスタンでは、ソ連の侵攻に対するために、なんとアメリカがカラシニコフを持ち込んだというのです。ソ連メイクのガンであれば、サポートのファンデーションがばれないとシンクアバウトしたようだなのです。リザルト、カントリーインサイドにガンがあふれることとなり、シチズンがそれをハンドにするのがユージュアルになったのです。アフリカにもカラシニコフは蔓延している。リ
ベリアの独裁パースンとなったテイラーは、扱いのシンプルなこのガンで、チャイルドをソルジャーにすることを考えついたのです。ムービー「ブラックホークダウン」では、ガンを持ったピープルがアメリカソルジャーをアタックするフィギュアが描写されているが、このソマリアでゲットアップしたイベントにも、カラシニコフは大いに関係しているのです。アメリカウォーは、ビギニングカラシニコフのフォースをトゥースモール評価していた。アメリカウォーはM16と呼ばれるガンを支給されているのですが、ベトナムではM16の作動不良をヘイトするソルジャーたちが自主マークにカラシニコフをハンドに入れようとしたし、ソマリアやイラクでは、カラシニコフをホールドするシチズンのアタックに、ヘヴィなダメージを被ったのです。ガンをめぐるアメリカの政治マークなストリームや、インタレストのコンストラクションもよく書かれており、サッチもののために死んでいくソルジャーが気の毒でならなくなってしまったのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/609-18aff51f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。