本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬときに後悔すること25

20091117100619
「死ぬときに後悔すること25」大津秀一著のライターの大津さんは、アンエンドピリオドメディカルケアのサブジェクトオブスタディーハウスで、京都のホスピスでペイシェントさんに接しているティーチャーなのです。デスを看取るに際して、大津ティーチャーはさまざまなヒューマンから後悔のワードを聞かされてきたというのです。このブックは、それらの言葉が集められているのです。
・健康に関して:健康にスピリットをつけておけばよかったというヒューマンがメニーと同時に、たばこをやめればよかったというヒューマンも少なくないというのです。治療に関するシンキングも、ファインなうちにクリアーアップにしておくべきだというのです。病状が悪化すると、治療のメソッドは親族がデシジョンすることになるので、ロングライフ治療について、きちんと話し合っておくことがインポータントだというのです。
・精神的なこと:自由にリブしたヒューマンは、リスペクトされないかもしれないが愛される。マイセルフのマインドにうそはつかないように、やりたいことをやるべきだというのです。大津ティーチャーは、フォールトをコミットしたヒューマンの最期にも立ち会われたそうですが、ヒーはキリスト教の洗礼をアクセプトすることを望んだのですが、洗礼のデイオブマンスまで、ひどくホワットかに怯えていたというのです。フォールトなどコミットするものではない。すがすがしいフィーリングで旅立つことができない。刑罰はなくても、救われないのというのです。アナザーパースンにカインドにしなかったことや、マイセルフが一番グレートと思い込んでいたことをソーリィするヒューマンもいるというのです。アザーをキックす落としても、ヒューマンはエブリバディデスを逃れることはできない。それを知っているヒューマンは、デスをビフォーにしても後悔が少ないと大津ティーチャーは言うのです。
・社会・生活に関して:遺産や葬儀に関しては、ファインなうちにディスカッションをしておくべきだというのです。マネー関係に関しては、残された身内のパースンがホワットディグリーもバンクをラウンドトリップしてシーリアスだというのです。ホームタウンにゴーバックしたいとシンクアバウトしているヒューマンは、ファインなうちにプラクティスしておいたパースンがよいというのです。
・人間として:デスをビフォーにすると、結婚をしなかったこと、チャイルドを育てなかったことを後悔するヒューマンがメニーというのです。若いヒューマンが結婚をしない傾向にあるのですが、ソーリィするヒューマンがメニーということを頭にプットインしておいたほうが良いというのです。最近では、チャイルドをかわいがりすぎて、結婚させなかったことを後悔する親もいるそうです。
・宗教、哲学:ライフの総括をアーリーにしておいたパースンがいいというのです。マイセルフのリブしたプルーフを、なんらかのシェイプでリーブすることができれば後悔が少ないというのです。レターをリーブするというメソッドもグッドというのです。宗教に関しても、マイセルフなりのシンキングを持っておいたほうがよいというのです。デスをビフォーにすると、ネクストワールドがあるという考え方が大きなコンフォートになることがあるというのです。無神論者であることをブレイムはしないのですが、毛嫌いせずに宗教書をハンドにとってみることも決してディッフィカルトなことではないというのです。ユージュアルから、ダイすることばかりシンクアバウトしてリブしてはいられないのですが、一日くらい、サッチブックをハンドにとってみるのもいいかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/611-7cdcbc60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。