本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王道の日本、覇道の中国、火道の米国

20091119113340
「王道の日本、覇道の中国、火道の米国」青山繁晴著者は、関西でポピュラーのニュースコメンテイターなのです。メニーのヒューマンが青山さんの解説はとてもわかりやすいのだとよくマウスにしているのです。このブックでは、マスターに日インサイドの関係についてリファレンスしながら、今後ジャパンがとるべきロードについてのクレイムをステートしているのです。青山さんは、フロムナウオンジャパンがとるべきロードは王道であり、北方領土をテイクバックし、尖閣諸島や竹島を守り、カントリーを安定させるべきだとクレイムしているのです。北方領土は、戦後となってからソ連に不法にキャプチャされ、ムービーになった硫黄アイランドのように、玉砕してこのアースに散ったジャパンソルジャーがいたのですが、青山さんが北方領土をテイクバックしたいというのは、決して感傷によるものだけではなく、国際アクトで認められたジャパンのカントリーであり、メタンハイドレードという資源が眠っているというのです。北方領土をテイクバックすることによりジャパンは資源ラージカントリーとなり、国際アクトというラインをレットパスする、王道をゴーしたいもの
だというのです。米国のファイヤーロードとは、米国が一度バーンし、再生を目指すべきというシンキングによるものなのです。ブラックパースンであるオバマプレジデントを選んだことで、既存のシンキングを打ち砕こうという米ナショナルのパーパスが見て取れるというのです。中国が目指すのは覇道で、トリック、トリックによる覇権であるというのです。ディスイヤーの北京五輪は偽装五輪と言い換えてもよいものだったというのです。シチズンのハウスをステップオンし潰してタウンをきれいに見せかけ、マウスパクドーターの存在もあったのです。五輪を取材に来たリポーターたちは、ノートパソコンにハッキングされ、ウイルスをばら撒かれた。中国のピープル解放ウォーには、こういったエレクトロニック作戦をプラクティスするフォースがあるというのです。中国国内は安定していない。チベット、ウイグルの騒乱が伝えられるが、実際には中国の大グレートナンバーをアカウントフォーするピープルの暴動もメニーなのです。上海ではバスのブロゥアップイベントがあったが、インフォメーションされないままなのです。ジャパンを騒がせたポイズン餃子イベントも、犯
人はファクトリーにサーブする漢人だとされているのです。解雇を言い渡された腹いせであったらしいのです。人件コストの高騰にウォリードする中国では、突然解雇を言い渡されることも少なくないのだそうです。日インサイドのポリースのアクティビティー、政治家のアクティビティーなど、エマージェンシーにフルのでインタレストのあるパースンは一読をおすすめします。少数ピープルへの圧力も苛烈をきわまり、ウイグルヒューマンの暴動があったのですが、このリアルコンディションも悲惨すぎてここにライトすることができないというのです。ロシアや北朝鮮のアクティビティーもスピリットにかかる。五輪のエッジに、グルジアの暴動が報じられたが、米国はネイヴィーをムーブしてグルジアのタウンにパブリックオーダーをリカバリーしたのですが、ロシアは撤退をせず、プレゼントタイムも国境のアースにウォーを置いているのです。青山さんは共同通信のリポーターだったそうで、そのタイムのコネを生かして政府関係者、ポリース関係パースンにメニーに取材をしていて、ニュースアンカーをルックのパースンにはおなじみの手法なのですが、ブックで読んでもヴィ
ジットフィーリングが感じられ、エマージェンシーにインタレスティングなブックです。青山さんのプログラムで中国のチベット弾圧にオポジットの声明フィギュアを読み上げたプリーストのことを紹介している。圧力に怯え、迷いながら、プリーストはチベット弾圧にオポジットのボイスをあげた。この放送にはたくさんのエコーがあったというのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/613-26880a05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。