本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂“驚き”を生む方程式

20091124130337
「任天堂“驚き”を生む方程式」井上理著は、ゲームのことをあまり知らなくてもインタレスティングに読めます。任天堂のシークレット、Wii、DSの開発シークレットストーリーなどが紹介されています。携帯モデルゲームチャンスのDS、設置モデルゲームチャンスのWiiは、の不況でも販売台数をストレッチしているヒット商品なのです。DS開発のコンセプトが持ち上がったのは2000年のことで、任天堂はPS2擁するソニーとのゲームチャンス「10年戦争」のミドルオブだったのです。PS2はよく売れDVDプレイヤーを内蔵する高機能ゲーム機で、従来のソフトが使えたことも販売台数を後押ししたのですが、任天堂の幹部はクライシスフィーリングを抱いていたのです。ゲームファンのゲーム離れが進んでゲームチャンスのアビリティーばかりギブしても、ファンのマインドは取り戻せないのではないかというウォーリィでした。クライシス感をもとに、任天堂はゲームチャンス開発の指標を「マザー至上ルール」とすることにディサイドしたのです。ゲームチャンスはホームのインサイドで、マザーのヘデックのカインド
のコントローラーが邪魔で、片付かないし、マザーはハイパワーを喜ばないのです。スタッフは、リアルフォームを小さくすることにしコンロとーラーはアップトゥナウのデザインをランアフターすることをやめ、テレビのリモコンをコピーしたものにすることにディサイドした。邪魔にならない、怖がられないがベストのコンディションになったのです。Wiiはインターネットにジョインすることができ起動シーンがチェンジすることで、エブリデイ飽きずにゲームチャンスをスタンドしギブしてもらいたいとスタッフは願っているのです。写真を取り込んで加工できる機能も持ち合わせてファミリーがそろってWiiをエンジョイワンセルフすることができるように工夫されているのです。任天堂のカンパニープレジデントは、実は任天堂の生え抜き社員ではないカンパニープレジデントは、2000年にカンパニープレジデント職に就任するまで、任天堂とともにソフトを開発するゲームカンパニーにサーブしていたのです。ユニヴァーシティーピリオドからゲームがラブだった岩田さんは、HAL研究所というカンパニーに入社し、さまざまなゲームを開発したのです
。カンパニープレジデントはビジネスマンであるビフォーに、ゲームが大好きな「ゲーマー」だというのです。スペシャルデューティーの宮本さんも、ずっと任天堂でゲームの開発に携わってきたワールドなのです。宮本さんのプライドアートは「ちゃぶ台返し」で開発がラストグレードまで進んでいるものでも、平気でターンオーバーすることからこのあだ名がついたというのです。岩田さんが開発していたプラネットのカービィは、ビギニングディッファレンスのネームで売り出されるはずだったのですが、予約オーダーまでレシーブしたグレードで宮本がセールを取りやめさせた。もっと工夫ができると思ったのです。宮本さんは、マイセルフがインタレスティングとシンクすることを貪欲に商品にハーベストするので、Wiiスポーツという商品は、宮本さんがダイエットに励んだリザルト、エクササイズすることは楽しい、というアイディアをもとに開発されたのです。任天堂はもともと、かるたを作っていた会社でヒストリーは室町ピリオドにまでさかのぼることができるのです。かるたは、アワーのパワーパースンにホワットディグリーも禁止された遊びで、賭け事でもあ
ったのです。いろはかるたのビギニングのワード、「一寸先は闇」というワードを、任天堂はよくアンダースタンディングし少人数、無借金経営という任天堂の強みは、このようなヒストリーが生んだスタイルなのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/615-737c652c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。