本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるキング

20091125092723
「あるキング」伊坂幸太郎著は、ライターパースンヒムセルフが楽しんでいるのが伝わってくるファンなワークです。仙醍市にリブインする山田夫妻は、ディスプレイスの弱小野球チーム、仙醍キングスの大ファンで、マリードカップルにボーイがボーンしたその日、山田夫妻がロングタイムヘルプしてきた仙醍キングスのコントロールが死んで、引退マッチにボロ負けしたオーバー、ファウルボールをよけて、ベンチにヘッドをぶつけてしまったのです。山田夫妻は落ち込んだりはしなかった。ゼイのサンこそが、仙醍キングスの救世主になることを知っていたからなのです。サンは王求と名づけられ、王がリクエストし、王に求められるチャイルドに、というミーニングと同時に、「王求」と並べてライトすると、「球」というキャラクターに見えることも山田夫妻は気に入っていたのです。マリードカップルは王求に心血をペイし、王求はプライマリースクールのレッスンをフィニッシュすると、マザーとプラクティスをし、バッティングセンターにアテンドするエブリデイを送っていたのです。チョイスボールアイがよく投げられたボールはオールホームランにしてしまうというので
、リトルリーグのマッチでは、敬遠ばかりされてしまうため、山田マリードカップルはコンパニオンのコントロールにプレゼントをしたりしたのです。王求にまともなボールをスローしてもらうためなのです。王求は中学生になった。体格がよく、どこかストイックな王求はスタンドアウトする。上級生に呼び出され、殴られそれを知ったファザーは、その上級生をコールしてキルしてしまうのです。王求にはワンダーなウーマンたちのフィギュアがハブアンオーディエンスする。ブラックなクローズズをまとった、三人組のウーマンたちだ。ゼイはまるで、オペラのステージ回しのようにキング求のライフを歌い上げるのです。高校生になった王求は、甲子園でもノーティスのマークなのだが、ファザーのフォールトが暴かれ、高校を退学せざるを得なくなってしまったのです。プロになるフォースはあるので、ネームを偽ってプロテストをアクセプトし、仙醍キングスへの入団をキャリーアウトするのです。仙醍キングスでも、難なくプロのボールをヒットし、周りはその隔絶したアビリティーにおののき、自信を喪失するのです。中でも、王求をフィアーしていたのは仙醍キングスのコ
ントロールその人で、コントロールのもとへ王求を中傷するレターがリーチし、監督はいつの間にかそのレターを信用するようになるのです。ある日、王求は打席へフェイスするオンザウェイ、わき腹にペインを感じコーチがキング求をピンダウンしたのだ。コーチはコントロールとロングなフレンドシップがあったのです。コントロールのハンドをメイクダーティーするよりはと思ったのです。王求はボーンして初めて、そのパーフェクトだったブロゥフォームをデストロイし、アマチュアのような姿勢でホームランを打った。ヒーのライフのラストのブロゥだったのです。王求は野球以外にインタレストがないヒューマンらしいフィーリングがないワールドなのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/616-18764a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。