本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欠点を直さずに幸せに生きる方法

20091126113356
「欠点を直さずに幸せに生きる方法」齊藤正明著は、カンパニーのボスにいじめられ、マイセルフをブレイムしてうつ病になったインザエンド、自己啓発セミナーに400万円も使ったというのです。このブックは自己啓発書なんだけど、ジェネラルの自己啓発書とはちょっとディッファレントします。ポジティブソウト、欠点をフィックスするといった、従来の自己啓発を否定する記述があって、ワールドウィンスルーするばかりがハピネスではないのだというハピネス脱力フィーリングを味わえるのです。
・がんばってもどうにもならないことがあるのです。ソサエティー、グレートエフォートすればなんでもかなうなんて言うヒューマンがいます。ライターはマイセルフのスピークしフットを克服しようとセミナーにも参加したりしたのですが、うまくいかず、かえって落ち込んでダークなキャラクターにアズビフォーというエブリデイをセンドするのです。ライターは欠点とは、君はそれをやらなくていいといわれていることなのではないかと思ったのです。欠点をフィックスする努力を否定はしないのですが、がんばってもどうにもならないことにタイムを費やすのは、無駄であることも知っておきたいというのです。弱いヒューマンはウィークなヒューマンのフィーリングがわかるものだし、いろいろがんばっても器用プアに終わってしまうこともあるのです。ないものをカウントするよりは、マイセルフにあるものを生かしてリブするほうがよほどコンフォートだし、いいことがあるというのです。
・大変身は少しずつビギンする。チェンジしたいと思っているヒューマンはメニーなのですが、突然大変身をとげることなど、めったにないことで、コップのインサイドのウォーターのように、少しのしずくがたまってあふれテイクアウトすることがあるのです。劇的なチェンジをリクエストするあまり、チェンジが見えないカレントを否定するのは間違っているというのです。
・トゥルースの評価はフーにも下せない。ペンギンは地上ではヨチヨチ歩きだが、ウォーターにゲットインするとすごいスピードでスウィムすることができるのです。ヒューマンもセイムで一フェイスでアンダースタンディングしたり、評価することはフーにもできないというのです。ヒューマンはナロービューを持っているものだし、マイセルフにもそれがあることを自覚しておきたいというのです。嫌われパースンのゴキブリは実はそうダメージはないアニマルだし、ワインを発酵させるのは菌の排泄物なのです。それぞれ美醜のイメージがあるのですが、それがライトか自問するとグッドなのです。ヒューマンのアドバイスはたいていが役に立たないし、経営パースンと言ってもキャラクターパースンばかりではないのですから、経営パースンのワードを真にアクセプトすることはないというのです。ソサエティーに認められているものを、シンプルにビリーブするのはやめようというのです。プレゼントタイムのピリオドにはぴったりの自己啓発書といえますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/617-ca10b471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。