本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球移動作戦

20091129114232
「地球移動作戦」山本弘著は、タイトルだけで、ストーリーの内容の予想がつきます。第ワンパート 発見:西暦2083年。タキオンをユーズするピアノ・ドライブの発明とスプレッドがスペースアートに革新をもたらした。マンカインドは太陽系アウトサイドへとインベスティゲイションのハンドをストレッチしつつあるのです。スペースシップ<ファルケ>は「2075A」というプラネットのインベスティゲイションにフェイスし、このプラネットが、ミラーマターでできたミラープラネットであることを発見する。そしてこのプラネットが、24年後、アースに最接近することにノーティスするのです。第二クラブ 対策:ファルケのインフォメーションにより、ミラープラネット接近のニュースはアースにもたらされた。潮汐フォースにより、アースカルチャーは壊滅マークなブロゥをアクセプトするだろう。ビローグラウンドにシェルターを造って退避したとしても、リブロングすることができるのはマンカインドの10%もないだろうというのです。シーヴェル(2075Aのオフィシャルネーム)はミラーマターでできているため、アースオーバー
のマテリアルは素通りしてしまうのです。反マテリアル爆弾も、その爆発のショックウェーブも。シーヴェルをブロゥアップ、あるいは軌道をチェンジすることはインポッシブル。残されたオンリーのメソッドはアースをムーブすることなのです。天体物理学者の風祭良輔は、アース・シフト計画を提案するのですが、ジェノアPがセカンド・アースを提唱し、人々の意識はセカンド・アースへとフェイスするのです。第三クラブ 接近:風祭魅ウェーブはファザーの遺志をサクシードし、アース・シフトプランにプッシュフォワードするのです。いよいよアースに接近するシーヴェル。プレゼントタイムこそ地球人類は一丸となってファイトアゲンストするときだが、プレゼントタイムなおシーヴェルをフィクションの存在として信じようとしない陰謀ディスカッションパースンや、ゴッドのパーパスに従って従容とゴーアンダーするべきと訴える宗教原理主義パースンたちがテロをレイしてくるのです。アースをムーブするという前代未聞の一大事に、オーダーからオーダーとディッフィカルトプロブレムがリフトするのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/619-127d1b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。