本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール

20091130120407
「誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール」野口敏著は、フィーリングにフォーカスしたカンバセーションアートで、ザットを言えばこう言いなさい、というものではなくて、コンパニオンのフィーリングを慮るメソッドが書かれているのです。カンバセーションはワードのキャッチボールではなく、フィーリングのキャッチボールであるというのです。ビギニングにスタディーするべきはヒアするフォースだというのです。アザーのカンバセーションアートと変わらないと思っているパースンもいるかもしれませんが、このブックでは、ヒアしながら相手のフィーリングを慮るコツを紹介してくれています。レギュラータイムで帰れると思ったら、課長につかまって三時間の残業だよと言われたケース、どうリプライをすればよいか。「ホワットワークだったの?」「スリップアウトするエクスキューズはなかったの?」ヒアしたいことはあるけれど、ここはコンパニオンのフィーリングがプラスであるかマイナスであるか、シンクアバウトしてみるネセサリーがあるというのです。「うわあ」「ハードね」など、まずコンパニオンのフィーリング
にランアロングするワードを言ってあげ、慣れてきたら、「課長も無茶を言うね」など、マテリアルマークなワードをアッドしてあげます。マイセルフのことをスピークするグレードになったら、マイセルフのフィーリングをちょっぴりオープンにするカンバセーションをプラクティスしてみるとグッドというのです。会話につまったら天気のトークをすればよい、というのがジェネラル的なのですが、このブックでは、ただウェザーのトークをするのではなく、ウェザーにからめてマイセルフの「くせ」をスピークするメソッドが紹介されています。「降水確率がホワットパーセントくらいになったら、傘を持ってゴーアウトするか」というクェスチョンをしてみるという話し方です。マイセルフは30パーセント、サーヴァントは大してスピリットにしない、と、ちょっぴりオープンなプライベートパースンのフィーリングが聞けるというのです。セイムように、トラベルのトークをするときも、「ミーティングタイムのホワット分ビフォーにゴーするタイプですか」というクェスチョンをすると、メニーのヒューマンと会話が発展するというのです。カンバセーションのインサイド
で、フィアーするのは知らないトークがアピアーしてきたときですが、なんとかトークを合わせようとするのですが、クェスチョンがマークを得ず、コウルドスウェットがストリームするばかりというときも、フィーリングのカンバセーションは有効なのだというのです。トラベルのトーク、知らないプレイスのトークを聞かされたら、「そのモーメントの気持ち」をアスクしてみるというのです。「そこに行ったときはホワットフィーリングでしたか?」「シーにもぐったときのフィーリングは、どうでしたか?」コンパニオンが答えやすく、そのモーメントのフィーリングをクリアーにリメンバーすることができるというのです。カンバセーションでアフレイドなのはサイレンスですが、サッチときはあせらず、ゆったりとしたフィーリングでオーダーのワードを待っていればよいというのです。リラックスして、「あなたをアクセプトしています」というマイセルフのフィーリングをリポートすればよいというのです。ヒアしにくいことを「聞いてもいいですか」とアスクするメソッドや「ご結婚されているか、聞いてもいいですか?」などのアスクし方をします。コンパニオンに負の
フィーリングを吐き出させてあげるメソッドでは、「課長も、マイセルフたちをガイダンスされるオーバーでトラブルがおありでしょうね」などとスローアットします。このブックはすぐに役立つカンバセーションのコツがフルロードなのです。最近、ヒューマンとスティックトゥしたくないというヒューマンが増えているのですが、カンバセーションはライフをリッチにし、ハピネスを運んでくれるアートです。ぜひヒューマンとのカンバセーションを楽しんでとライターは書いています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/620-f26b7dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。