本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体温を上げると健康になる

20091202101518
「体温を上げると健康になる」齋藤真嗣著は齊藤ティーチャーのクレイムによると、ワールドの体温は36.5℃から37.1℃くらいがちょうどいいのだそうです。高体温がいいのかというと、体温が一度あがると免疫フォースが30%アップするからなのだそうです。筋肉をつける。マンよりも、ウーマンのパースンに冷え性のヒューマンがメニーなのは、筋肉の量がマンよりも少ないからだというのです。ハードなトレーニングをする必要はなく、三日に一ディグリー、スロトレなどのゆっくりしたライントレをするとよいのだそうです。10mダッシュもエフェクトがあるそうです。ライントレはブレインにもよいというのです。ブレイントレよりもライントレのパースンがボケのチェックになるというのです。ライントレビフォーにはバナナをイートし、アフターにはチーズなどでたんぱく質の補給をするとグッドというのです。ホットウォーターをドリンクするのもよいということで、寝起きにホットウォーター、イーブニングスリープするビフォーにもウォームなホットウォーターをドリンクすると体温がエンターするというのです。モーニングはコーヒーという
人がメニーなのですが、コーヒーには脱水アクションがあるので、後でホットウォーターで水分を補給するように心がけるとグッドというのです。日本人のすばらしいカスタムである入浴も、エブリデイパフォームするようとグッドというのです。コウルドをひいたときも、よほどの高熱でなければ解熱剤などドリンクするネセサリーはなく、バスに入ってボディーをウォームし、冷えないうちに布団にゲットインするパースンがよいというのです。ワールドのボディーには自律神経なるものがあり、ワールドの意思ではコントロールできない神経があるのですが、アクティブなワークをするのが交感神経で、ボディーを休める役割をキャリーアウトするものを副交感神経というのです。ワールドには、交感神経がマスターにワークするタイプのヒューマンと、副交感神経のパースンがハードなヒューマン、二カインドのヒューマンがいるというのです。ラフに言って、アクティブなヒューマンはフォーマー、穏やかなヒューマンは後者とシンクアバウトしてよいというのです。それぞれのタイプによってコンディションは異なるというのですが、神経のバランスが崩れたとき、ワールドは低
体温になるというのです。コーズはストレスであることがメニーというのです。ストレスは病気の引き金になり、自律神経のバランスをデストロイするだけではなく、副腎という臓器にアクシデントをレイズすることもあり、ドロドロブラッドのコーズになり、糖尿病のリスクもライズするというのです。ヒューマンのボディーは、モーニングゲットアップすると交感神経がワークし、イーブニングには副交感神経がルールするようにできているからで、早寝早起きがサウンドにつながるというのはリーズンにかなっているというのです。できればアフターヌーン10時には寝て、モーニング5時にゲットアップするようなライフがドリームだというのです。ホリデイはスリープしたいだけ眠って、スリープを充足させるとグッドというのです。スリープするときはライトをつけないで、タイニーボールもだめで網膜がライトを感知するからだというのです。マンのうつ病は、実は更年期ダメージに関連することがメニーなのだそうで、メタボリックシンドロームでプロブレム視される内臓ファットも、バッドキャラクターホルモンをテイクアウトするコーズになるというのです。
りんごとにんじんのジュースをドリンクするとグッドというのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/622-89ab4480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。