本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツキの最強法則

20091204140922
「ツキの最強法則─1日5分、7日で幸運がやってくる!」西田文郎著は、とってもわかりやすい、とってもワンセルフ啓発らしいワンセルフ啓発書で、オリンピックプレーヤーや経営パースンのガイダンスもされている、西田文郎ティーチャーのライティングなのです。このヒューマンのアホ理論も結構インタレスティングなです。ワールドがサクセスするにはラックやツキがネセサリーなのですが、グレートエフォートももちろんですけど、ここベストでツイているワールドというのはやはりハードなですね。西田先生は、フーでもそのツキをシンプルにハンドに入れられるというのです。シンプルなメソッドは、マイセルフはツイていると思い込むことだというのです。オポジットに、どうせマイセルフはツイていないとシンクすると、ビューティフルにラックから見放されることになるというのです。アクシデントなイベントにあってしまったらどうすればいいかといいますと、そのときは、ウェイオブシンキングをチェンジすればよいというのです。ブレインは、じっくり物事をシンクアバウトしておらず、快・不快でデシジョンすることがメニーので、ホワ
ットもこれはラッキーだとシンクアバウトするとラックが好転しスタートするというのです。ある上場企業で、マン社員が地方に移動になってしまって、アナザーパースンからウォッチすれば左遷人事なのですが、マンはこれはサーヴァントがどれだけやるか、試されているのですと前向きにシンクアバウトしたというのです。このような姿勢は移動フォーマーのヒューマンにもゴーアロングするものでホワットことにも前向きにメイクエフォートする姿勢はインポータントなのです。シンクアバウトしたことやドリームは、どんどんマウスにて、古来から日本人は、ワードスピリットの存在をビリーブしてきたので嫌なことをいうと嫌なことがゲットアップするのです。サンクスのワードを言えば、サンクスのマインドができると考えてきたのです。いったんできるとマウスにテイクアウトしたことを、ブレインは本当にできるのだと錯覚するというのです。ですから、やりたいことはマウスにしたほうがよいというのです。セイムように、不快なことをマウスにテイクアウトしたらフォゲットしたと言ってフィーリングをチェンジすればよいというのです。ツキは伝染するものなので、ツ
イているヒューマンのまわりにいるというのも有効なラックをギブするメソッドだというのです。ラックをギブするベストいいメソッドは、アナザーパースンに思いやりをホールドすることだとライターは言っています。これを六方ソウトと呼んでいるのです。マイセルフだけのプロフィット、マイセルフだけのプロフィットを考えてはいけない。親、フレンド、恋人、配偶パースン、ボス、部下、その他さまざま、マイセルフをサークルするヒューマンのことをシンキングにプットインするとグッドというのです。ネイチャーにサンクスのフィーリングがアピアーし、ワンセルフ保身のくさびからか解放されるというのです。サンクスこそがベストのツキをコールアウトするメソッドだというのです。ライターのマザーはエブリデイ、仏壇に向かって20分ニヤーもウィッシュし、周りのヒューマンにサンクスをささげているのだというのです。ライターもこのカスタムをミスしたことがないのだそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/624-3acd27ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。