本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖い絵3

20091215141502
「怖い絵3」中野京子著は、ヨーロッパのフェイマスピクチャーと呼ばれるピクチャー、マスターと呼ばれるヒューマンたちのワークをテイクアップし、そのヒストリーマーク背景やエピソードを紹介した三作アイのブックで完結ブックとなるそうです。ポピュラーのリーズンは、カルチャー、タイニーナレッジが得られるプロフィットフィーリングというのもリーズンのひとつのようです。アフレイドなものウォッチしたさというのがワールドのグリーンなカスタムのようなものを見せつけられる興奮があります。ビューティフルなピクチャーに秘められた欲望、病、死。その背徳感がたまらないブックなのです。インプレッションに残ったエピソードは、・ベアトリーチェ・チェンチ (プルレーニ):フェルメールのパールのイアー飾の少女にシミラーした構図である。ホワイトなターバンを巻いたイノセントなドーターが、肩越しにこちらを向いている。このピクチャーは、ファザーをキルして死刑になったベアトリーチェ・チェンチというドーターを描いたものだ。ベアトリーチェはファザーにヴァイオレントされ、その復讐としてファザーを階段からスローしドロップした
とされている。アットザットタイムシーは16歳だったといわれているのですが、そのイベントの顛末は、サーヴァントおよびベアトリーチェパースンヒムセルフへの苛烈なサードディグリーのトップエンドにクリアーにされたものだったのです。ベアトリーチェが処刑されたアフター、チェンチハウスの財産はチャーチに没収された。近年のスタディーでは、ベアトリーチェは当時21歳だったことがクリアーになっている。エイジさえあやふやなイベントの真相は、プレゼントタイムとなってはフーにもわからないのです。・かわいそうなティーチャー (レッドグレイブ):
後景に、パステルカラーのドレスをウェアーしたファンげなドーター。ピクチャーのセンターにいるのは沈んだフェイスのブラックなドレスのヤングなウーマンなのです。これはガヴァネスと呼ばれるホームティーチャーのウーマンを描いたもの。ガヴァネスとは、アッパーストリームクラスのドーターでありながら、ライフのためにアナザーファミリーで住み込みでワークするウーマンなのです。アットザットタイム、ウーマンがワークすることはベースなこととされていた。本来、アッパーストリームクラスのドーターは、ハズバンドやファザーの財産にプロテクションされてリブするのがジェネラルなのです。ピクチャーのウーマンとて、トゥルースならブライトなカラーのドレスをウェアーしてハピネスに遊んでリブすることができた。バックではしゃぐドーターたちのようだが、シーと少女たちのスペースにはディープな溝があるのです。・聖アンナと聖母子 (レオナルド・ダ・ヴィンチ):聖母マリアに関するダ・ヴィンチのパズルかけピクチャーなのです。マリアは、そのマザーのひざにバックをテイクダウンして、ステップで子羊とプレイするイエスにハンドをホールドア
ウトしているのです。不自然ではないか? アダルトしたマリアが、マザーのオーバーにゲットオンするなどですが、これはダ・ヴィンチがある暗示を浮き上がらせるためにユーズした構図なのです。マリアのかけているマント。これがハゲワシのフォームをしているのです。ベイビーイエスにフォールダウンしかかるマントは、ハゲワシのテールにつつかれるイエスを意味しているのです。フロイトはこう分析した。このピクチャーは、ダ・ヴィンチがベリィヤングなタイムアンクルにいたずらされたというファクトを表現しているのです。バードも尾も、フロイトの解釈では、マンのシンボルをミーニングするものなのです。ピクチャーはヒストリーと無関係ではない、とライターは言うのですが、ヒューマンがメイクするものなので、ピリオド背景も、カルチャーも、そのヒューマンのソウトも、無関係であるわけがないのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/631-eb8fb1b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。