本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿駅最後の小さなお店ベルク

20091216094536
「新宿駅最後の小さなお店ベルク」井野朋也(ベルク店長)著は、新宿駅前というさまざまなヒューマンがゴーしかうプレイスで、セルフフォームのカフェを経営するパースンが書いたブックで、プライベートパースン経営のストアーが直面するプロブレムやその解決アクトがテーマになっているのです。書かれているのはベルクというそのストアーの魅力であり、経営スタイルですが、プライベートパースンストアー生き残りのヒントとしてほしい、というのがライターのウィッシュなのです。ベルクはもともと、純ティードリンキングのスタイルで営まれているストアーで、ライターの両親が経営していたストアーなのですが、ライターは思い切ってストアーを改装し、単純にアフターを継いだと思われるのがいやだった、というプライベートパースンマークなリーズンもあったというのです。しかしそれ以上に、ヒューマンの流れがメニーな新宿では、セルフのスタイルがあっているとシンクアバウトしたからだったというのです。低価格ナンバー回転を狙うため、コーヒーをテイクアウトするのはマシンをユーズすることにした。フォールトの少ないドイツメイクを選んだ
のです。ベルクはテイストにこだわっていて、コーヒータイニーの甘みを生かすため、ジェネラルのストアーではワンイヤーにいちどしかやらないマシンのメンテナンスを三ヶ月にいちどのレートでパフォームするというのです。タイニーにもこだわり、運命的なミーティングをしたワーカーさんにリクエストしている。アイスコーヒーは、タイニーを北海道に送って、そこのウォーターに豆を漬けてもらってから送り返されたものを使っているというのです。ソーセージも、スペシャルな肉屋から仕入れているストアーもプライベートパースン経営で、ビギニングはなかなか売ってもらうことができなかったのですが、ストアーがメイクするレバーペイストは絶品で、初めてレバーをイートすることができた、というヒューマンがいるほどだというのです。ベルクはプライベートパースン経営のストアーで、効率や売り上げはインポータントなのですが、マイセルフたちがイートしたくないとシンクするものはストアーに出さないというのです。たとえば、カットベジタブルは使わない。カットエンドがディッフィカルトになるのをディフェンドするために、薬品が使われているからで、パ
ンもその日セルし切ってしまうから、メンテナンスマテリアルの入ったものは使わないというのです。ベルクはオールライトに売り上げを伸ばしているのは、テイストのグッドさ、単価のチープさ、スタッフのケアフルな接客をラブするゲストはメニーからだというのですが、ビルのオーナーはベルクにクリアーアウトしを迫っているというのです。なんでもフロントキャッスルゲートチェーンのストアーをいれて、画一化されたショップをほしがっているというのだ。ビルのオーナーはショップを短期でシフトすることを経営プランとしているきらいがあり、プライベートパースンストアーは、契約コンディションなどをしっかり把握して、不利な契約にならないようスピリットをつけるネセサリーがあるというのです。大手チェーンのストアーはピースオブマインドフィーリングがありますが、タウン中が大手チェーンのストアーばかりになってしまうのはロンリィなスピリットがします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/632-1971d386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。