本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理

20091221121805
「無理」奥田英朗著は、東北エリアのゆめのマーケットというフィクションのタウンをステージに、5人のワールドのライフを描いたストーリーなのです。相原友則は、公務員で、ライフケアをコントロールする部署に配属された。ケースワーカーとして働いているのです。友則がうんざりしているのは、弱者をサーブし、不正にライフケアを受給するワールドがメニーなことなのです。友則は、ある受給パースンのパチンコ通いのプルーフをポッシブルするために、パチンコハウスで張り込みをしていたら、そこで主婦売春が行われていることをノウし、思わず顧客となってしまうのです。彼はライフケアの受給を不アプルーバルとしたシチズンから逆恨みされ、ライフを狙われ、そのシチズンがライフケアがネセサリーなウォーターレベルであることは友則もわかっていたが、パブリックオフィスは受給パースンのフィギュアを減らそうとやっきになっているのです。久保史恵は、高校生で、田舎でリブすることにうんざりしている。華やかなシティーにロングフォーし、東京のユニヴァーシティーに進学することをドリームしているのです。ある日史恵は、マンに拉致され、監禁
されてしまい、マンはゲームオタクで、史恵をゲームのインサイドのお姫様としてハンドルしスタートするのです。加藤裕也は、ビジネスマンで、ヒーがセルする商品は、漏電防止装置という詐欺まがいの商品だったのだが、彼のような暴走レースライズの人間が勤められるようなプレイスオブワークはアザーにはないのです。彼にはチャイルドがいた。ワイフとは別れ、ワイフはライフケアを受給しているのです。裕也がサーブするカンパニーは、社員フェローをあおってコンテストさせ、オールドパースンをだまして商品を売りつけるようなカンパニーだ。ある日、思い通りに昇進させてもらえなかったエルダーが、カンパニープレジデントをキルしたと裕也のもとにやってきたのです。堀部妙子は、万引き犯をキャッチする保安メンバーのワークをしていたのですが、契約社員であるため、ソサエティー保障コストはマイセルフホールドで、サラリーは手取りで16万で、ひとり暮らしで、新興宗教を信じているのです。ある日妙子は、キャッチした主婦を宗教のセミナーに誘い、万引きをミスしてやった。そのことがばれて会社をクビになるのです。おりしもマザーが倒れ、同居
している兄はトラブルを見ようとしない。ワークがなくなってしまった妙子だが、ひとりルームにマザーを引き取ることにディサイドしたのです。山本順一は、ファザーが政治ハウスだったのですが、そのファンデーションをサクシードし、市会議員をサーブしているのです。順一の周りにはさまざまなプロブレムがある。引退したアフターも、ヒーをいいように使おうとする元インポータントパースン政治ハウスのオールドパースン。ヒーを頼ってくるやくざまがいのパースンたち。敵対するシチズンアソシエイションの主婦たち。ショッピングにおぼれるワイフなのです。順一はあるデイオブマンス、ヒーのサポートパースンであるマンが、シチズンアソシエイションの主婦を拉致したというトークを聞いた。アクチュアルスポットに乗り込んだ順一のアイのビフォーで、マンは主婦をガンで撃ってしまうのです。死体をトランクにパックし、エスケープするオンザウェイでアクシデントに遭ってしまうのです。ラストは、この5ヒューマンホールクルーがアクシデントアクチュアルスポットに居合わせるというオチ。史恵はマンから解放され、順一と裕也はハイドしていたデッド
ボディーが発見される。友則を狙った男はダイし、妙子は怪我を負ったために新しく決まりかけていたワークがなくなってしまうのです。プアーさゆえ、行き詰るエリアタウンというくらーいストーリーなのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/635-b058d6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。