本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

20091225142743
「フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略」クリス・アンダーソン著は、ネットによってさまざまなものがフリーになるフィーチャーを考察したブックなのです。フリーで金儲け、マークなビジネスブックではなく、ライターは、ロングテールという考え方を世に提唱した米国の編集パースンなのです。ライターはこれを20世紀的なシンキングなのだという。カレント、20歳ビローのヤングマンたちは、サービスがフリーであることにホワットのダウトも持たない。そのことがユージュアルだとシンクアバウトしているからなのです。ゼイは、物心ついたときからネットに接しており、フリーのサービスを享受してきた。グーグルリファレンスはフリーだし、オンラインゲームもただ、Youtubeではフリーダムにラブなビデオをウォッチすることができるのです。デジタルのものは、複製にコストがかからない。かかるとしても、「プロブレムにならない」ディグリーのロープライスなものだ。デジタルになったものがフリーになるのは止められないアクティビティーなのだとライターは言うのです。たとえばアゴーは百科事典をセールスマンが家庭をまわり、販売す
ることでインタレストを上げられる商品であったのです。ハイプライスだったものがプレゼントタイムでは、ネットオーバーのウィキペディアで代用するヒューマンが増えているのです。インフォメーションの真偽にはディスカッションもあるだろうが、プレゼントタイム、百科事典をバイするヒューマンはあまりいないのです。テレビもフリーのYoutubeができてシンス、アテンションパースンのフィギュアは減少しコンティニューしている。新聞、マガジンも購読パースンのフィギュアは減少のウェイだというのです。フィーチャーにおいて、ビジネスはどのようなスタイルをとるのだろうか。ライターが提唱するフィーチャーのビジネスモデルに、フリーミアムというものがあるのです。フリーミアムは、たくさんのフリーのユーズパースンをグローヴァイオレントし、そのインサイドからチャージでサービスをユーズするヒューマンをルックフォーするというもので、少数のチャージユーズパースンが、グレートナンバーのフリーユーズパースンをサポートするビジネスモデルだというのです。オンラインゲームなども、その一カスタムとしてあげられ企業はフリーのゲームを
オファーし、そのインサイドにチャージのサービスを用意しているのです。ゲームのアイテムやキャラクターのクローズズなどもこのメソッドは、とにかく大ナンバーオブピープルのゲストをコールすることがインポータンスなのです。ワイドに浅くという考え方が、そのルートにある。デジタルのワールドにおいては、複製や集客が物販のワールドよりもシンプルなことから、ポッシブルになるシンキングなのです。近年、ミュージシャンたちはアップトゥナウの「ミュージックをチャージで販売するメソッド」をあきらめつつある。一度出回ったソフトは、シンプルにコピーされ、フリーでイーチパースンのハンドにクロスオーバーするからなのです。ミュージシャンたちはプレゼントタイム、ミュージックをフリーで配布することをスタートしている。フリーでミュージックを聴いてもらい、知名度をギブし、ライブやグッズの物販で稼ぐ人がメニーになっているのです。圧倒的なフリーユーザーから、チャージユーザーを見つけ出す、これもフリーミアムのシンキングといえるのです。ライターは、発展途上カントリーにおける海賊版のミーニングもインイットセルフにライトアップ
している。海賊版でそれに接したヒューマンたちが、本物をほしフィールするようになることを知っているからなのです。ミュージックやブックは、かつての試供シングのようなサービスになるのだろうか。このブック、原題は「The Future of a Radical Price」というのだそうだ。新しいバリューのフィーチャー、という意味なのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/638-e2c22f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。