本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掏摸

20100112111536
「掏摸」中村文則著のメインキャラクターはスリを生業としているのです。新幹線のホームで、エレクトリックトレインのインサイドで、コンサートホールでパースをスティールしテイクする。ヒーが狙うのは裕福なパースンだけなのです。共にワークをしていた石川というマンの哲学でもあった。石川がメインキャラクターのスリのティーチャーであったようである。石川はもうとっくに死んだに違いないと、ヒーはネイチャーの知れないキャラクターから頼まれた、デンジャラスなワークを石川と共にしたことがあったのです。ヒーはエレクトリックトレインのインサイドで、ウーマンに痴漢をしているマンから財布を奪いとった。ポリースにもグッドアットしはしないだろう。それをウォッチしていた立花というマンが、ヒーにボイスをかけるのです。立花もかつて、石川のデスのコーズとなったワークに関わっていた。またあのキャラクターがカムアライブしたらしい。立花はそう言うのです。うんざりしたフィーリングでスーパーにゴーアウトしたヒーは、そこでチャイルドに万引きをさせているウーマンをディスカバーした。ヒーは、そのペアレントアンドチャイルドにディフェ
ンスメンバーが目をつけているのに気がついていた。ヒーは親子をヘルプし、チャイルドがなついてくるようになった。ウーマンは売春婦である。ヒモのマンが、チャイルドをストライクするのだという。ヒーはやがて、石川をダイし追いやったネイチャーの知れない人物とのタッチを持った。木崎というネームの、ロングサイドソサエティーのワールドであるようだ。木崎は、ロングサイドソサエティーのインフォメーションをもってシェアを操作していたのです。木崎はヒーにオーダーした。三人のワールドから、あるものを奪って来いと。それができなければ、万引きをしていたペアレントアンドチャイルドをキルすると。ヒーは従わざるを得なかった。運命は木崎の手のインサイドにある。木崎は、ヒューマンの運命をルールすることにプレジャーをフィールしていた。一人目、携帯テレフォンを盗むことはサクセスした。二人目、ヘアーと指紋のついたライター。これもサクセス。三人目は書類のすり替えだが、これには問題があった。木崎が目をつけたマンは、コートの内ポケットに書類をしまいこみ、縫いこんでいたのだ。ワークにチャレンジするビフォーに、彼はチャイルド
をエンジニアにやることにディサイドした。虐待されていた子供に、スリのワークを教えることはできたが、ライトなロードへプットバックしてやりたいとヒーはフィールしたのだ。ウォーリィのサッドを経って、決死の覚悟でヒーはマンのアフターをランアフターする。書類のすり替えはビューティフルサクセスした。But、ヒーを待っていたのは木崎の無残なワードだった。「ユーはここで死ぬ。俺がそうディサイドしていた」というのだ。
スリのシーンのスリリングさや、メインキャラクターのひたすらユーをコーナーしていく心理描写など、センテンスがラブリーなのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/643-3604321d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。