本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

20100114104614
「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」きたみりゅうじ著は、2005年発行シンスエディションをアッドして、現在でもアマゾンの売り上げランキング1000プレイスに入っているベストセラーのブックなのです。自営業パースンのパースンにおすすめで、デシジョンリポートのタイミングで紹介です。シンプル、わかりやすい。初めてデシジョンリポートする自営業パースンのパースンに、役立ちます。ライターのきたみりゅうじさんは、イラストレイターアンドライターアンドコミック家。自称「わけのわからんタイトル」のフリーランスなのです。ライターのトラブルは、フリーのヒューマン向けのタックスのブックがなかったことだというのです。ショップを持っているヒューマン向けはあるのですが、どこか違っていて、きたみさんのクェスチョンがクリアーアウェイすることはなかったというのです。このブックは、そんなきたみさんがチャージ税理士にクェスチョンをぶつけながら、タックスのコンストラクションや節税の仕方を学んでいくというものです。きたみさんのクェスチョンやルックが素人そのものなので、リードする
ヒューマンにもエマージェンシーに親しみがポピュラーする。まるでマイセルフが税理士さんにディスカッションしているような、サッチフィーリングになれるブックなのです。シンプルなことから書かれている。タックスは収入ではなく、所得にかかるものだとか、そういうことからなのです。フリーのパースンの年商が1億円だったとしても、コストを差し引いたプロフィットが100万円だったら、タックスは100万円に対して、100万円に規定されたレートで算出されるというミーニングなのです。年金やソサエティー保険についてのフルなメンションもあり、実際にデシジョンリポートをされるパースンの、素朴でありがちな疑問のクェスチョンリプライがあります。・ホワイトリポートとブルー申告、どちらがプロフィットか:タックスのリポートには、ホワイトとブルーの二つのメソッドがある。ホワイトはシンプルだが、ブルーは事前のリクエストや記帳の義務などがあって、トラブルなインプレッションがあるのですが、税理士さんはブルーリポートのパースンがプロフィットで、しかもホワイトとそんなにタイムは変わらないのだと言うのです。所得
をはじき出すタイムはセイムなのだから、控除があるほうがプロフィットなのだというのです。マキシマムの控除をアクセプトするには、複式簿記での記帳がネセサリーだが、既存のソフトをユーズすればそうディッフィカルトなことではないらしいのです。・タックスはチープなパースンがプロフィットか:シュアにそうかもしれない。But、アクシデントにあったとき、ホリデイ補償のピクチャーが極端に少なくなることがあるのです。それに、ハウスをボロゥするなどのとき、収入をプルーフできるメソッドがないのは不利であるのです。・領収書をコレクトして、コントロールするのがリポートへのロード:フリーのケース、タックスへの対策は上記の一ランゲージにつきる。領収書はレシートでもかまわないというのです。高額のコストはきちんとした領収書をもらってください。記帳のエッジに、コストの項目でウォリードするヒューマンがいるが、それほど考えなくてもよい。ばらばらで、整合カスタムがないのはいけないが、ファンデーションマークには所得がはっきりさえすれば、タックスオフィスはそれでいいのです。税理士のティーチャーが本音でスピークして
いるというフィーリングがしてインタレスティングなサブジェクトです。消費タックスについて、コーポレイトボディー化について、ファミリーを従業メンバーにするウェイについてなどのメンションもあります。プライベートパースンビジネスマスターのためのタックスマニュアル。フィットなブックがなくて困っているパースンにおすすめです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/645-8226c2b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。