本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほかならぬ人へ

20100118134411
「ほかならぬ人へ」白石一文著は、第142回直木賞受賞ワークで、メインキャラクター、宇津木明生はいわゆる名家の出であるが、優秀なファミリーにコンペアーして、ヒーにはスペシャルに秀でたものが何一つなかったのです。マイセルフはバースそこないなのではないか。ディッファレンスにトゥルースのファミリーがいるのではないか。サッチソウトをターンオフパワーすることができない。宇津木明生はファミリーと関わりのないスポーツメーカーに就職した。そして、ウェルカムに出向いたキャバクラで、ひとりのウーマンとラブにフォールダウンするのです。シーのネームはなずな。ビューティフルなウーマンだったが、彼女も明生のことをルックで気に入ったようだった。ファザーの浮気で苦しんだパーストをホールドするシーは、明生のオーネストさに惹かれたのだと語った。ふたりは出会って一ヵ月ハーフで結婚をディサイドした。But、明生のホームはいいフェイスをしなかった。明生には、ビーチという婚約パースンがいたのだ。明生はなずなをチューズし、ハピネスな結婚ライフを送っていた。But、なずなの幼馴染、真一が離婚したことをきっか
けに、ふたりのスペースに亀裂がプロデュースしスタートするのです。なずなと真一は恋人としてカンパニーしていたことがあった。真一がディッファレンスのウーマンと結婚することになったとき、なずなは酒びたりになって真一のワイフに暴力を振るったこともあるのです。なずなはハウスをアピアーしてゴーし、明生はカンパニーのボス、東海さんにディスカッションを持ちかけるようになったのです。東海さんは、自称ブス、ブサイクなウーマンであった。しかし、ワーク熱心でクッキングもうまい。「フィギュアはグレートエフォートでなんとかなるから」というワードのストリート、プロポーションもビューティフルなものだった。その東海さんのボディーからは、シーによくスートするいいスメルがするのである。グレートエフォートハウスのシーには、サッドなパーストがあった。肺がんを患ったために、身ごもったチャイルドを失っていたのだ。そのことがコーズで離婚もエクスペリエンスしているのです。明生の婚約パースンであった渚は、明生の次兄にラブをしていたのだが、次兄が愛していたのは長兄のワイフである。ソサエティーの理不尽を、明生は嘆くのです。
明生はカンパニーのオーダーで中国にオフィシャルツアーし、その間になずなとパートフロムした。なずなは、「トゥルースダディーじゃないとだめ」なのだという。そして、ビーチはヤングにしてアクシデントなデスをキャリーアウトしていた。次兄にカンパニーを迫った渚は、ふられたロンリィさをハブしたまま、トラフィックアクシデントに遭ってしまったのです。明生はシンクする。もしビーチがマイセルフをラブであったら、マイセルフはビーチのハンドをとっていたかもしれない。もしセカンドエルダーブラザーが、兄のワイフではなくビーチをラブであったら。ビーチは、ワールドにはベストのコンパニオンがいて、それをポッシブルすることができれば、ヒューマンの人生はサクセスなのだと言い残して死んだ。なずなと明生は、ではベストではなかったのか。なずなにとってベストとは、やはり真一以外にはいなかったのか。明生は東海さんと結ばれることとなった。ワークにも家事にもハンドを抜かなかった東海さんは、肺がんをリターンしてデスしてしまうのです。死後、明生はシーのボディーから発していたいいスメルのパズルをノウする。シーは香水などつけては
いなかった。明生にとってディアーなあのスメルは、シーバイワンセルフのものだったのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/647-a1c70484
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2010/01/18(月) 19:56:17 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。