本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃墟に乞う

20100119135844
「廃墟に乞う」佐々木譲著は、第142回直木賞受賞ワークでショート6つです。メインキャラクターはノースシー道警の刑事、仙道。カレント休職インサイドのボディーである。ある事件がコーズで、メディカルドクターから職務につくことを止められている。・廃墟にアスクする:デリヘルヤングウーマンが殺された。フェイスを鈍器で滅多打ちにされたのだ。仙道にはそのトリックに心当たりがあった。13年ビフォー、彼がチャージしたイベントと類似している。仙道は、そのイベントのチャージパースンが言ったワードが、どうしても忘れられないでいた。古川というそのチャージパースンは言った。ユーは、俺が育ったタウンを知っているか?仙道は古川の故郷にフェイスする。コウルマインが閉山されてから、ずっとさびれたままのタウンだ。そこで古川は、イマジネーションを絶する貧苦のインサイドでリブしてきた。ボディーを売っていたマザーは古川の妹を殺そうとし、それにミステイクすると、チャイルドをスローアウェイして失踪した。古川は仙道にミートしに来た。マザーが妹を殺そうとしたそのアクチュアルスポット、ダムに立った古川は、マイセ
ルフはもっとアーリーにに死んでゲットインすればよかったと言った。仙道がストップするのもむなしく、古川はダムにボディーを投げる。・博労マウンテンストリームのマーダー:大畠というマンが死んだ。大畠はアゴー、マーダーイベントのチャージをかけられたことがあった。ヒーは自宅で殺されていたため、ファミリーにその疑念が向けられた。ふたりのサンともうまくいっていなかったようであるが、しかし、ファミリーは潔白であるようだ。仙道はあるカフェバーで、大畠のセカンドサンとミーティングする。セカンドサンは、大畠が殺されてもウェイがないワールドだと語った。大畠がキルしたとされるマンには、どうやらサンがいたらしい。そのことをメイクシュアした仙道は、大畠のハウスに最近ハイアーし入れられた青年にアイをつけた。ヤングマンに「トゥルース」をインフォームしたパースンはフーなのか。ヒーはファザーを知らずに成長したはずなのだ。仙道の脳裏に、セカンドサンの憎悪のワードがよみがえる。・リターンする朝:有名な菓子メーカーのファミリーのウーマンが殺された。そのチャージパースンの姉が、仙道を頼ってテレフォンをかけてくる。
妹がマスコミのアタックにさらされている。守ってほしい。潔白をクリアーアウェイしてほしい。
仙道はそのタウンをヴィジットするのを躊躇した。休職のコーズになったイベントにスティックトゥする、かつての同僚がそこにいたからだ。三年後、仙道はあるリポートを受けてアクチュアルスポットをインベスティゲイションしていた。マンションのワンルームのビフォーにスタンドする。マンがアピアーした。ダウトがあったがエンターすることはしなかった。リザルト、マンはウーマンを惨殺して自殺した。ウーマンの遺体を発見したのは仙道だった。バスのドアをオープンしたヒーは、ボディーから切り離されたウーマンのネックとミーティングした。アフターディス、仙道は小ルームのドアをオープンすることにフィアーをフィールするようになっていた。ためらいつつゴーアウトした仙道だが、そこにマスコミのフィギュアをウォッチすることはできなかった。妹への嫌疑もあらかたクリアーアウェイしている。仙道は気づいた。姉は妹を陥れようとしている。ポリースへ行こうと、仙道は思った。ファクトを話そうと思った。そのとき俺は、刑事のフェイスをしているだろう。仙道はそうシンクアバウトするのであった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/648-ddbc73ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。