本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

20100125154303
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」岩崎夏海著は、ブルーなホールを背景にスタンドするミニスカセーラースートのガールがこちらを向いてはにかんでいる。シェイクするスカートのすそ、ポニーテールの毛フォーマーが、さわやかな風がブロゥするアーリーサマーの一デイオブマンスを思わせる、といったフロントカバーのブックで、ソサエティー人がカンパニーで読んでいてもアホとは思われません。なにせこのブックは、フェイマスブックピーター・ドラッカーの「マネジメント」のマニュアル書なのです。高校二年生のみなみは、クローズフレンドの夕紀に代わって野球クラブのマネージャーになることにしたのです。みなみはふとシンクアバウトする。マネジメントってホワットとクェスチョンを持ったのです。みなみがハンドに取ったブックはマネジメントという経営に関するブックだったのです。野球のブックでないことに戸惑ったのですが、アフターディスこのブックを指針として、シーはクラブアクションにメイクエフォートすることになるのです。マネジメントのファーストステップは、コンストラクションの定義づけから
ビギンする。カスタマーが何かということもクリアーにせねばならないのです。みなみが入部した野球クラブは、プラクティスもまともにしないリーズナブルなクラブだった。みなみは夕紀のフォースをボロゥし、メンバーホールクルーと面談。コミュニケーションを図ろうとするのです。野球クラブには、ライトという生徒がいて野球は下手だが、経営パースンになるのがドリームだという。ヒーの力をボロゥして、野球クラブのカスタマーは高校野球ファンであり、親であり、生徒であり、また部員バイワンセルフだということをつきとめるのです。野球メンバーが野球を通して与えられるものはインプレッション。これをプロデュースすることがコンストラクションのパーパスであると気づいたのです。野球クラブの顧問は東大卒の理論家であるが、ワードが足りないのです。顧問のヘルプとして、みなみはもうひとりのマネージャー、文乃をあてることにしたのです。学年トップの文乃は、優等生サービスされることにローグレードフィーリングを抱いていたのだが、顧問のワードを噛み砕いてエブリバディにリポートするウォーは、文乃にはまさに適役であったのです。文乃がウォ
ーターをポッシブルしたフィッシュのようにアクティビティーするのをウォッチして、みなみは人事のストレインジをノウすることになるのです。デューティーをギブすることでヒューマンはムーブする。ブックの教えをプラクティスし、みなみはアザーのメンバーにもワークをギブするようになったのです。弱小野球クラブはチェンジしスタートしたのです。ビジネスのパートはソサエティーへのサービスとあったので、エリアの少年野球でガイダンスをしたり、アザーの部活とも連携をテイクするようになったのです。次のイノベーションは、高校野球に改革をレイズするべく、それまでセオリーとされていた「フォアボールを打たせる」野球をやめることにする。ストレートボールマッチ、思い切りスローしてマッチする。目指すは甲子園である。顧問は、ライトをキャプテンにした。これまでのキャプテンは、その職務をロードに思っていたため、これも人事のストレインジが発揮されたのです。顧問と投手の間にあった確執もなくなり、みなみたちはいざ、サマーのマスミーティングにチャレンジすることになるのです。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして!

すごく面白いブログですねっ!
これからも頑張って下さい!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/650-2d9aa53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。