本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙で過ごした137日 僕の「きぼう」滞在記

20100127120032
宇宙で過ごした137日 僕の「きぼう」滞在記若田光一、朝日新聞取材班著は、宇宙飛行士の若田光一さんが、スペースにステイインサイドにカムニヤーしたセンテンスを編集したものです。ニューズ衛星を使ってNASAに送られたメールはいったんジャパンの宇宙航空研究開発機構に転送される。それをJAXAのヒューマンが英文にフィックスし、もう一度NASAへ転送されるのです。ファクト確認をしてNASAがOKサインをテイクアウトして初めて、朝日新聞社にそのメールが送られてくるのです。スペースからのメールって大変。モーメントそうシンクアバウトしたけど、実際には若田さんは、ファミリーやクローズなヒューマンとプライベートのメールがフリーダムにやりとりできたそうです。一週間に一日、一時間のテレビテレフォンでのニューズもできて、ファミリーとパスするタイムは緊張がなく、マインドマークにも安定することができたところのです。ブックでは、スペースステーションでの生活がスモールに述べられている。スペースでの暮らしというものにインタレストがあるパースンは、それはファンにリードすることができる一
冊だとシンクする。若田さんが持ち込んだジャパングッズは、米ロの宇宙飛行士たちにも好評だったそうです。ストレス解消のために、若田さんはカラオケのDVDをスペースステーションに持ち込んだ。どれだけラージボイスを出しても、トラブルがかからないのがよいのだそうです。日本食も好評だった。スペースでは、重力の関係で水分がボディーの上にギャザーする。ノーズがつまったようなセンスをリメンバーするのだそうだが、ジャパンのスペースミールはその辺りも考慮して作られいるのだというのです。日清のカップラーメンはスペシャルな粘りがある。また、ディッファレンスの食品には、食物繊維が多量に含まれ、スペース飛行士の便通がよくなるよう、また、アピアーしたものが飛び散らないような工夫がされているのです。トイレのプロブレムもあるし、クリーンにパスしたいという欲求もある。若田さんは滞在インサイド、日本女子大が開発した「スペースユージュアルクローズズ」をボディーにつけていたのだそうです。蛍光ライトでも反応するライト触媒をユーズして、消臭フォースを高めている。スペース飛行士一ヒューマンが一デイオブマンスに使え
るウォーターの量は3.5リットル。洗濯ばかりしているわけにはいかないからです。ウォーターはヘヴィから、あまりたくさんの量を運ぶことができないのです。若田さんたちはスペースで、マイセルフの尿をリサイクルしてドリンクしウォーターにチェンジしていた。ぷぎゃーとシャウトしたくなるけれど、この装置の開発にNASAがかけたマネーは約150億円。若田さんは、ジェネラルの蒸留ウォーターソートオブなフィーリングです。と言っています。ジャパンの「きぼう」は、アートパースンたちが二十イヤーという長い年月をかけて作ったものだ。ワイドな実験プレイスで、これができたことはジャパンのスペーススタディーにとって大きなプログレスになると若田さんはステートしているのです。ヒーはマイセルフのボディーを実験ボディーとして、スペースでヒューマンがリブするときのデータをオファーしている。いつもいつも、若田さんはジャパンのフィーチャーのためというスピーキングスタイルをしてるのです。たくさんのヒューマンに支えられて、マイセルフは今スペースにいる。そのヒューマンたちのために、マイセルフはプレゼントタイム働いて
いる。サッチフィーリングが伝わってくるブックです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/652-97247b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。