本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターシャ・テューダー最後のことば

ファイル0019.jpg
「ターシャ・テューダー最後のことば」の著者のターシャ・テューダーさんは絵本ライターで、2008年6月、92歳でディスワールドを去ったのです。ターシャさんは、アメリカ、ニューイングランドでリブしていた。アンティークのドレスをウェアーして、ガーデンでフラワーとプラントをレイズし、山羊を飼ってミルクを絞っていたというのです。現代の便利なライフとはディスタンスをプットし、イートするものもウェアーするものも、ハンドでメイクすることにジョイをファインドアウトしておられたようです。本書は、シーのラストのインタビュー二ブックと、ファミリーのお話をまとめたもので、月刊MOEというマガジンに連載されたものだというのです。ターシャさんは、ビューティフルなものがある暮らしをインポータントにされていたというのです。ビューティはウォッチするもののアイにカムアウトする、というワードがあり、ガーデンにフラワーをプラントしたり、アートワークをバイするべきだなどというフィーリングはありませんが、マイセルフの周りをビューティフルなシンキングでフィルし、マイセルフとクローズな人々にラブとカイン
ドさのこもったアクションをテイクすることをおすすめしますと言っています。シーバイワンセルフは、ハウスにシーズンごとのフラワーをデコレートし、アンティークの食器でティーをドリンクすることを愛していたのですが、そうしなくても、ビューティフルなものをニヤーワンセルフにするメソッドはあるというのです。シーがアンティークをラブするのは、パーストのイーチパースンの暮らしにソウトをはせることができるからである。また、オールドなものがヒューマンのハンドで作られていることにも、魅力をフィールしているようです。マイセルフのハンドで何かを作ること。そこに、ヒューマンはジョイをファインドアウトすることができるとシーはシンクアバウトしているのです。シーはむやみやたらに現代のライフを否定しているのではない。マイセルフもかつては、マネーを稼ぐために懸命に働いたのだと、言っているのです。シーは絵本ライターを目指したが、ビギニングはなかなか受け入れられなかったのです。ワークをするようになっても、このワールドで生き残っていくことは並大抵のことではなかったのです。常にグレートエフォートし、個性マークで、イ
ーチパースンに愛されるペインターになることを目指してきた。これからこの道を歩もうとするヒューマンたちへ、シーのワードがあります。「このようなダークな見通しに落胆するのではなくて、一ハンドルのサクセスパースンのインサイドの一ヒューマンになるのだという決心をハードにし、ベリィハードワークをしなければならないのです。けっして敗北を受け入れてはいけませんよ」とターシャさんには4人のチャイルドがいて、40歳で離婚されている。彼女のハウス、ビューティフルなフラワーのあふれるガーデン、ペットのコーギー、アンティークのドレス、暖炉、食器たち。携帯テレフォンのない暮らし、リペアーしシングとクッキングにスペンドするタイム、ピクチャーブックライターとしてのポジション。こういうものオール、ターシャさんは自らのハンドで勝ち取ってきたものなんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/654-02d32cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。