本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働かざるもの、飢えるべからず。

ファイル0026.jpg
「働かざるもの、飢えるべからず。」小飼弾著は、ベーシックインカムについて書かれたブックなのですが、ベーシックインカムとは、ナショナルひとりひとりに、一定の金額を無条件でギブするという考え方なのです。老若男女関係なし、働いていても働いていなくても、ホールクルー、ユニフォームの金額を「もらえる」という制度なのです。ライターはカレントのソサエティーがハブするアングザイエティーについて語っています。チープなものばかりが売れるソサエティーであるが、リッチマンになるためには、チープなものを作って売らなければならない。ウェルスは蓄積せず、リッチマンのヒューマンも、いつ転落するか知れぬフィアーにさいなまれているというのです。マネーはソサエティーをサイクルするのがベストいいのだが、マネーがストリームすればコンディションはよくなり、フォールのフィアーからもまぬがれることができるというのです。リッチマンの資産は、身内に相続させるのではなく、ソサエティーに相続させればよい。ライターはここで、ソサエティー相続というジェネラルアイディアを提唱しているのです。専門のメカニズムを作って、遺産はすべて
そこがコレクションする。そして、ベーシックインカムとしてソサエティーにリターンカレントさせるべきだというのです。ベーシックインカムはワークしパースンもチェンジするのです。ベーシックインカムのトークになると、働かなくてもお金がもらえるなら、ワークするヒューマンがいなくなってしまうというオピニオンが必ずアピアーするのですが、ユニフォームの収入が保証されていれば、フーでもラブなワークにフォローイングすることができるのです。これからは、やりたいワークをやれるようにしなければならないというのです。グレートエフォートが報われるピリオドはフィニッシュし、インダストリーなどグレートエフォートオーダーでウェルスがギャザーするインダストリーは、あるユニフォームのピリオドをフィニッシュするとプライスが暴落してしまうか、よりハイトに成らざるを得ない。プレゼントタイム、ジャパンにある貧困は豊作プアーのリザルトだというのです。サクセスはラックオーダーというピリオドがしばらく続く。必ずしもマネーにならないかもしれない、サッチワークをしなければならない。ラブなことを、好きなヒューマンがやる。ワークは
こうあるべきだ。そのリザルト、ウェルスをストアーすることにサクセスしたヒューマンは、アフターデスソサエティーにリターンカレントすればよいというのです。ホワイルアライブはラブなだけユーズし、アフターにリーブしてやるのだとチェストを張ってダイすればよいというのです。お金のバリューがアゴーとは違っているのである。フォーマーは、ハイなものをバイすればうらやましがられたのですが、プレゼントタイムのヤングなヒューマンはボディーハイトの消費をライクし、ハイプライスなものに対する評価はシビアである。ロレックスのウォッチより、カシオの2メニーマネーくらいのウォッチのパースンが、機能も優れておりコストパフォーマンスもよいとシンクアバウトしがちなのです。マネーのバリューはチェンジしている。やみくもに所有することにミーニングはない。ソサエティーに還元し、貧困ベッドをなくし、トレーニングを充実させる。そして、ハイなパフォーマンスのワークができるワールドをギブバースすることが、これからのソサエティーにはネセサリーだというのです。ブックのハーフは、仏教パースンのスマナサーラさんとのトークで、ベーシ
ックインカムやソサエティーについてのディスカッションが、少々ばかりスピリチュアルなフィーリングでぼやけてしまっています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/657-579a66ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。