本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食堂かたつむり

ファイル0039.jpg
「食堂かたつむり」小川糸著は、岩舘真理子のコミックで、ストーリーをライトする女子高イノセントのトークがあり、シーのフレンドにこのストーリー、あなたがメインキャラクターと言われた。メインキャラクターは、四畳半のルームから一歩もアウトサイドに出ようとしないのだ。ムービー化で再びトピックとなったストーリーで、高校生が書いたようなトークだった。文芸クラブの、ちょっとワイズな女子高イノセントが、ベリィハードシンクアバウトしてライトしましたというフィーリングです。ストーリーハウスになりたいんだったら、ワールドを知って、ヒューマンに揉まれてきなさいと、アドバイスしたくなるのです。メインキャラクターの倫子は、クッキングヒューマンになることをドリームしていた。恋人と二ヒューマン、ストアーをテイクアウトすることをマークにマネーをセーブしていたのだが、恋人は突然失踪する。セーブしたお金も家財道具も、オールがなくなっていた。失意でボイスが出なくなる倫子。十五年後、リカバリーして飛び出したマザーのもとへターンバックするため、ナイトトレインバスのティケットを買った。マザーはスナックを経営している
。田舎のワイドな敷地にハウスとスナック、愛人がくれたモデルハウスのビルディングを持っている。倫子はそこに住んで、モデルハウスで食堂をやっていくことにディサイドした。マザーのペット、ピッグのエルメスのトラブルをウォッチしながら、倫子は着々とリザーブを整える。倫子の手助けをしてくれる、ベアーさんというマンは外国ヒューマンのワイフに逃げられたヒーは、倫子のマザーに愚痴を聞いてもらったことにフェイヴァーをフィールして、何かと倫子に協力をしてくれる。ベアーさんのアピアランス、人となりがあまりにもコンディションがグッドすぎる。また、食堂を開いてからのとんとん拍子ぶりもまた、コンディションは良すぎるのだが、ラブするヒューマンを失ったオールドウーマンが、倫子のマインドづくしのクッキングをイートして、生き生きとリカバーするシーンなど、ありがちながらYesなんやないマークな描写もある。ざくろのカレー、シーズンベジタブルをいっぱい煮込んだスープなど、スモールなクッキングの描写も、グレートエフォートプライズに値するくらいのライトしこみではある。ほんわかスイーツファンタジーでフィニッシュす
ればよかったのに、セカンドハーフクラブで突然、ストーリーが俄然リアリティをウェアーしてくる。リアルといっても、所詮高校生がフィールするディグリーの現実なんだ。テリブルなラストシーンがライインウェイトしている。倫子のマザーが突然、アタシ、処女なの。ラブなヒューマンがいたけどかなわなかったから、フィットなマンの精子をもらって、水鉄砲でアンタを身ごもったの。マザーの恋人がアピアランスしずっと行方が知れなかったはずなのに、思い出のヒューマンが突然マザーのファミリードクターとしてアピアランスして、マザーがラストステージディッフィカルトであることが明かされるのだ。マザーをセンドするパーティのため、倫子はペットのピッグを解体してクッキングをメイクする。ライフをインポータントにすることを学んだ倫子は、ハウスのビフォーで死んでいた鳩をクッキングしてイートする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/661-52350ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。