本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き残るSE

ファイル0040.jpg
「生き残るSE」篠田庸介著は、副題に「世界で通用するビジネス・エンジニアの育て方」とあるので、システムエンジニアではなくビジネス・エンジニアなのです。ライターの篠田さんは、ヘッドウォータースというプログラムのカンパニーのタイプボードメンバーである。メニーのSEをウォッチしてきたオーバーで、カレントのゼイが置かれている状況にファイヤーベルをリングしているのです。SEとは、パソコンのプログラムをドローアップするワークだ。アート職だ。SEは、マイセルフをワーカーだとシンクアバウトし、アートさえハイならばそれでよいとシンクアバウトしがちである。But、本当に優秀で、アートだけで食っていけるヒューマンは100人にひとりもいないのだと、篠田カンパニープレジデントは言うのです。ジャパンのケース、SEというワークにテイクするのは比較的イージーである。文系で、専門マークなスタディーをしていなくても、ワークするプレイスはあるらしいのだが、アジアではディッファレントする状況がボーンしつつある。インドやベトナムでは、SEはハイサラリーがとれるスターアクタービジネス
なのである。当然コンテストも厳しく、優秀なワールドが集まってくるのです。インドやベトナムのSEは、ユニヴァーシティーできちんとプログラムを学んでおり、理論武装もパーフェクトなのだそうだ。実際にともに仕事をしてみたところ、日本人よりもワークの手がアーリーに、エブリバディを驚かせたほどだった。聞いてみると、そのインドヒューマンSEは、国内ではレベルがショートなパースンなのだという。インドのエンドのSEでも、日本人よりよほど優秀なのがプレゼントコンディションである。ジャパンは資源がない。ものづくりでカントリーをサポートしてきた。そしてプレゼントタイム、インダストリー製品にはプログラムがミスすることができない。ジャパンの製造アクトは、SEがサポートしているといっても過言ではないのです。このフォーマー、ジャパンが、そしてSEが生き残っていくにはどうするべきなのか。篠田カンパニープレジデントのカンパニーでは、SEにもビジネスをやらせている。「ビジネスがとってきたワークだから、納期にインポッシブルがある、できるわけがない」というエクスキューズが、篠田ファミリ
ーネームのカンパニーではオールポピュラーユーズしないのです。フォーマーにもステートしたとおり、アートだけでホールライフイートしていけるSEは希なのである。凡人がイチローを目指すようなものだ。SEとして働いて、ホールライフワークをしていくつもりなら、ビジネスやマネジメントをボディーに着けなければならない。それができないなら、使い捨てされてもウェイがないといえる。SEのインサイドには、使い捨てされることがユージュアルのようにシンクアバウトしているヒューマンがいる。プロジェクトごとにギャザーし、オーダーのワークをルックフォーするようなヒューマンたちだ。だがこれは、会社にとってもSEにとってもアクシデントしかもたらさない。SEはモノサービスだし、コミュニケーションやデューティーのないチームでは、いいワークができないとシンクアバウトしている。篠田カンパニープレジデントのカンパニーは、ホールライフハイアーをリーズンとしている。その代わり社員には、サンデーアットワークも残業も、終業アフターにスキルアップのための勉強をすることも、自ら率先してパフォームする意識のハ
イさを求めている。就職をホープするヒューマンにも、はっきりとそれをリポートする。それでチャンスがないヒューマンを、無理やりつかまえようとは思わない。優秀であっても、カンパニーになじめないヒューマンはいずれ、マイナスになるものだからだ。このブックに書かれている大筋はふたつある。ひとつは、発展していくアジアのインサイドで、ジャパンがいかに生き残っていくかということ。団結フォースとケア。これをテイクバックと書いてあるのです。もうひとつは、篠田カンパニープレジデントのヘッドウォータースでの社員トレーニングアクト。遅刻を許さず、スキルアップをリクエストし、マイセルフでビロングトゥ部署を決めさせる。SEをコントロール職としてトレーニングする。そして、経営状況をフェアに公開し、社員一人ひとりに経営パースンとしての意識を持たせる。SEのパースンはもちろん、カンパニーを経営なさっているパースン、ビジネスを興そうとされているパースンには超おススメの一冊です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/662-83cd9731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。