本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堕落する高級ブランド

ファイル0044.jpg
「堕落する高級ブランド」ダナ・トーマス著は、ライター自身がパーソナルエクスペリエンスしたエピソードがインプレッションにリメインするブックです。ブランドと呼ばれるハイクラスなクローズズのメーカーは、もともとヨーロッパのアッパーストリームクラスをコンパニオンにしてトレードをしていたのです。アッパーストリームクラスのヒューマンたちは、クチュリエというプライベートパースンのアトリエのような洋服ハウスさんで、マイセルフだけの洋服をあつらえていたのです。近年は、ブランドはそのトレードのあり方をビッグに変貌させているのです。その立役者となったのはLVMHグループをマネージするベルナール・アルノーというキャラクターなのです。LVMHグループとは、ヨーロッパの有名なブランドを傘下におさめる巨大なファションカンパニーのことで、ルイ・ヴィトン、ロエベ、クリスチャン・ディオール、モエ・エ・シャンドン、へネシー、タグ・ホイヤーなどのブランドを所有しているのです。アルノーは強引かつクイックな手法でこれらのグループを買収していった。そしてヒーは、オールドなよきワーカーのハンドになるブランドを、
金儲けのウェイにチェンジしていったのです。ヨーロッパで、手作業でこつこつ作っていたブランドを、全ワールドで売り出すことにした。ジャパンでもたくさんのショップが作られているのです。ちなみに、ワールドのブランドシングの40%は日本人がバイしているというのです。アルノーたち、ハイクラスブランドカンパニーの幹部が考えたのは、グローしスタートしたミドルベッドにブランドを売りつけることだった。ファクトリーで大プランリブバースをはじめ、これまでとはディッファレントするカスタマーを開発しなくてはならない。ゼイがユーズしたのはハリウッドスターだった。スタイリストを買収し、ハリウッドセレブに自社のブランドをボディーにジョインしてもらうよう、必死のグレートエフォートをリピートする。ゼイがマガジンで、アカデミープライズのシートで、あるいはプライベートで、ボディーにジョインしているブランドは、すべてそういった駆け引きのリザルトであるとシンクアバウトしてよい。売れないものはアウトレットでさばくことを思いついた。アウトレットのオーナーは、定価の20%から60%カットの価格を提示するが、売れ残り
、すなわち損をフィアーするブランドサイドは、定価の70%引のプライスを自らつけることもあるというのです。ブランドをバイするのは、ドリームをウォッチすることである。すると庶民は、そのドリームさえ見られれば、偽物でもかまわないとシンクアバウトするようになったのです。米国では、近所のヒューマンたちをコレクトして偽モノをセルするパーティをオープンする主婦がいる。儲かるのだそうだ。ゼイは、偽ブランドの販売を、フーも傷つかないトレードだと思っているというのです。Butアジアには、それをメイクするためにサーヴァントのように働かされているワールドがいる。ヒューマンボディートレード、チルドレン労働。偽ブランドは、犯罪コンストラクションの収入ソースでもある。イスラムテロコンストラクションの関与もあるというのです。ブランドカンパニーにとって、最もリスクが少ない商品はバッグだというのです。サイズをスピリットにせず買えるバッグは、売れ残りが少ないからなのです。コモンピープルでも買える香水、スキンの小物、バッグを武器に、ブランドはどんどんミドルベッドにポイントして浸透をプランする。ここで、ワ
ンダーな現象が見られるようになった。カジュアルブランドと、ハイクラスブランドのクライシスがわからなくなってきたのだ。ペアのコラボ商品が開発され、ゲストはヴィトンとH&Mの両方をはしごするのに違和感をフィールすることがない。新興カントリーの消費パースンが育っている。ハイならばなんでもよいとシンクする中国のヤングマン。ベンツを買って一ウィークで灰皿がいっぱいになったからと、買い替えをリクエストするロシアのニューリッチ。ブラジルは少しステートがディッファレントする。高級ブランドをコレクトしたストアー、ダズリュでは、アッパーストリームクラスのドーターたちがゲストにエマージェンシーにパーソナルな接客をしている。かつてヨーロッパで、ブランドが少数のゲストをもてなしていたように。グローバル化するブランド。これとはディッファレンスのアクティビティーをするメーカーもある。ルブタンという靴のブランドは、ビッグになろうとか、たくさん売ろうとはシンクアバウトしていない。よいものを、それをリクエストするヒューマンに。オーネストなトレードをコンティニューしている。ブランドのリアルネーム
がきっちり挙げられ、フルなヒストリーが述べられているのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/663-828ad0a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。