本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ビジネス書」のトリセツ

ファイル0052.jpg
「『ビジネス書』のトリセツ」水野俊哉著は、ビジネス書には出版にいろいろなデザインがあり、ブックをライトするヒューマンのポジションがさまざまなのです。カレント進行シェイプでウォリードし、ダウトの真っオンリーインサイドというパースンに、ぜひともおすすめしたい一冊です。ワールドにあるビジネス書を俯瞰し、解説しているのです。ビジネス書とは、ワークのアートやメイクエフォートしパースンをティーチしてくれるブックで、ライフの指南書になるものもあり、ワンセルフ投資としてハイなものではないのです。ビジネス書にもいろいろなパターンがあり、ライターがホワットのために書いているのかがわかると、カレントのマイセルフにネセサリーなものをチューズするのにサーブザパーパスするのです。ビジネス書が書かれるリーズンにハイドした目的があり、6つのパターンにセパレートすることができるのです。1、テレビ、政界ステップフォワードモデルモデルケースの大前研一。有名になることをマークにブックをテイクアウトする。タレントデビューソートオブなものだ。勝間和代ファミリーネームなども、このあたりにカテゴリーされるのです。2
、インフォメーション商ウッドをセルする、セミナー参加をプレスするブックをテイクアウトすることで、マイセルフのインフォメーション商ウッドやセミナーのカスタマーをアッドトゥすることをパーパスとしているもの。CDやダウンロードアドレスが書かれていることがメニー。「誰でも儲けられる」「一日フィギュアミニットでフィギュアサウザンドメニー」などのタイトルが目立つ。3、サイドジョブ、独立モデルで、ワークを持っていながら、ブックを書いて副収入を得ようとしたり、独立を視野にプットインしているライターが書いたもの。週末起業の藤井孝一氏などがそのパターンです。4、ホビーのブログ、思い出コンストラクション書いていたブログがポピュラーになり、出版するというもので、出版アフターもオーネストにブログを更新する人がメニーなパターンです。5、プラン持ち込み、ベストセラーライターを目指す。大ヒットストーリー「夢をかなえるゾウ」も持ち込みであった。ファンデーションマークにものをライトするのがラブというヒューマンのパターンです。6、どうしても書きたいもの、リポートしたいことがある「鏡の法則」「そうじ力」
などのパターンです。これらは目次でデシジョンし、前書きにもライターのディレクションカスタムがアピアーしているものです。ブックをリードするときはアウトプットとしてフーかにサブジェクトをリポートすることをリーズンとしてリードするとグッドなのです。ビジープレイスに出回るクイック読は、あまりミーニングがないと思うのですが、たくさんリードすることでリードするのはアーリーになるのです。ポピュラーのビジネス書ライター、勝間和代氏、本田直之氏、苫米地秀人氏など、ライターの解説も紹介させています。ライターは、カスブックをつかんでも、アマゾンでセルすればそう損はしないと書いている。たいした損にはならないのだから、いろいろ読んで、マイセルフにフィットするものをルックフォーすればよいというシンキングです。書評ブログをリファレンスにするのもよい。本音の解説をしてくれている書評ルックもあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/667-3bb3be2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。