本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。


「我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。」宮本輝、江部康二著は、サウンドブックがいろいろと紹介されているのですが、フィットする合わないがあります。宮本輝さんのサウンドアクトが書かれたもので、ライターのプライベートをのぞきウォッチするソートオブです。トークフォームなので、リードしやすいのですが、宮本さんの家系は、糖尿病をフォールイルするパースンがメニーだったのだそうで、宮本さんも、40代にして境界カスタム糖尿病をセンテンスされたのだが「来たか」というソウトがしただけだったというのです。宮本さんにはヤングなタイムから付き合っているホームドクターがいる。もともとは物理ナレッジを学んでいたパースンで、フロントキャッスルゲート企業でスタディーをなさっていたというのです。ホームドクターは、物理でヒューマンをハピネスにできるのかと言われて一念発起、カンパニーを辞めて医学部の入学イグザミネーションを受験して、不サクセスとなり。そのとき宮本さんも、初めて書いたストーリーが、ニューフェイスプライズのラスト選考で落選していた。これでもすごいことなのに、宮本さんは失意のベリィ
ボトムで、ふたりでパークで、互いの境遇をののしりあったのだというのです。クローズなドクターに糖尿病をセンテンスされ、アフターディス宮本さんはブラウンライスをイートし、プアーフードを心がけるようになったのだが、アルコールをカットオフすることはできない。宮本さんはある日、鏑木蓮さんというライターさんから、シュガーネイチャーを完全にカットオフする療法を教えられやってみると、ハーフイヤーほどでボディーがコンフォートになった。持病の糖尿も、悪化が抑えられているというのです。このブックはシュガーネイチャーをカットオフするサウンドアクトを提唱している江部ドクターとのトークというスタイルなのだが、シュガーコンテントに依存する食生活がどれほどテリブルなものか、フルに述べられているのです。インプレッション残ったのは、マイセルフたちの食生活がここ最近でビッグに変わったということだ。フォーマーの日本人は、ミールをたくさんイートして、それでもサウンドだったのです。フォーマーのヒューマンのライフは、現代ヒューマンよりもボディーを動かすことがメニーだったのです。米に依存した食生活でも、糖尿になるヒ
ューマンは少なかったのですが、プレゼントタイムのジャパンでは、精米された米をたくさんたべることは、インスリンの過剰な分泌をプレスするのです。主食をインクルードするシュガーコンテントを摂取すると、その直後に血糖バリューがサドンにエンターし、インスリンが多量に出される。シュガーコンテントこそがエネルギーだと信じ込まされている。特にブレインにとっては、シュガーだけがそのパワーだとシンクアバウトしている人がメニーなのですが、人間のボディーにはケトンボディーというものがあって、これこそがトゥルースのエネルギーなのである。シュガーをテイクする、取らないに関わらず、脂肪酸とケトンボディーを使って、ワールドはボディーをムーブしているのである。糖類はとらなくてもリブしていける。農耕がビギンするまで、ヒューマンはそのようにしてリブしてきたのだ。また、シュガーやライスなど、摂取しやすい糖類が増えたのはここ最近のことである。宮本ファミリーネームは、主食カインドを食べず、酒は蒸留酒しか飲まない。ジャパン酒などの醸造酒は、糖類がメニーからだ。ビールはワーストである。現代の食生活と成人病、うつ病な
どの関係などです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/668-7b068b0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。