本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべては宇宙の采配


「すべては宇宙の采配」木村秋則著は、奇跡のりんごの木村秋則さんのブックで、木村秋則さんはインポッシブルと言われた無農薬りんご栽培を、ビューティフルフィニッシュしたパースンなのです。無農薬のりんごの栽培には、周囲のストレングスなオポジットがあったのですが、りんごが実らず、収入がストップしてディッフィカルトなライフを余儀なくされたのです。マイセルフのロードを誤らず、初心を貫き通したそのライフには、神がかりマークなものすら感じられるのです。「奇跡のりんご」を読んで、木村さんには本当にゴッドがついていたようです。木村さんはスピリチュアルだとか、神仏だとか、宗教めいたことにはオールインタレストがないそうです。初詣にももうロングなスペース、行ってはいないというのです。木村さんはヤングなタイムからワンダーなパーソナルエクスペリエンスをメニーになさっているのです。高校生のとき、下校オンザウェイで龍をウォッチした。龍は松の木にリメインし、ヘブンに昇っていったのだそうです。UFOもよく目撃しているというのです。ヒーがリブインする青森には、フォーマーからワンダーなイベントがメニーに、フ
ァミリーも目撃したので、それほどおかしなものとは思わなかったのです。りんごが実らなくて収入が得られず、トラックに乗ったこともあるのです。ブレーキがブロークンしてアバウトトゥダイしたが、ハンドルを操って修理ファクトリーにアライブアットし、親切に修理をしてもらった。ヒューマンの生死は、ささいなチョイスに左右されるものなのです。ヒーは宇宙ヒューマンにも出会っている。バイクに乗ってハウスに帰ろうとしたとき、ホールボディータイツのようなシェイプの、アイだけがビッグに光っているヒューマンをウォッチしたというのです。スペースシップにもリードして行かれることになるのですが、そのとき、アースの消滅するデイオブマンスをスペースヒューマンから伝えられたというのです。アースの消滅は、「意外に早く消滅を迎えるのだなあと、驚かざるを得ない数字だったというのです。口外するなと言われているので、ライフが脅かされることになっても、言わないでしょう。インポータントなのはタイムがないということだというのです。木村さんは、アイに見えるものだけをビリーブしてはいけないとシンクアバウトしている。スペースシップの
インサイドで、スペースヒューマンから「人間は、アースにある元素のすべてを使っているわけではないと知らされたからなのです。ワールドは万能ではない。そうシンクアバウトする木村さんは、ヒューマンにフールにされてもりんごのツリーにアドレスすることをやめない。りんごを実らせてくれる木は、ファミリーのパースンだというのです。木村さんのフィールドにあるりんごのツリーのうち、木村さんがトークすることを怠ったツリーは、すべてダイしてしまったというのです。ワンダーなことはたくさんある。サイエンスは万能ではない。だから、農薬を使わず、本当にグッドなフードをレイズしたい。この小さなストリームを、いつかリバーのようにレイズしていきたいというのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/671-dba340da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。