本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭がよくなる魔法の速習法


「頭がよくなる魔法の速習法」園善博著は、速読のブックなのですが、しっくりくるクイック法で、速読法はいろいろあるけれど、アンダースタンディングできるブックです。モーメントでブックが大量に読めるソートオブなファンタジーストーリーではないのです。インイットセルフの工夫と、やっぱり少しのグレートエフォートもネセサリーなのです。自分があらかじめ持っているオールレディー有のナレッジによって変わる。アダルトがプライマリースクールのテキストブックをリードすると、習ってきたことなのでシンプルにフィールするのですが、グレードスクールスチューデントにとってはまっさらなナレッジなのであり、読み解いていくのはディフィカルティなことなのです。ブックをチューズするとき、シースルーしたいのはそのブックがマイセルフのナレッジレベルにフェアーするかということです。スタディーしたいフィールドがあれば、ビギニングから専門書にあたるのではなく、マニュアル書から、マイセルフのナレッジにあったものからスタートすると読書のスピードがクイックになるというのです。マニュアル書を読んで、オールレディー有ナレッジをアッドト
ゥする。すると専門書を読んだとき、オールレディー有のミニットはリードしフライしてもかまわない。不足しているパートを穴埋めしていくようなシェイプでリードすると、アンダースタンディングが深まりスピードがフォールダウンすることもないのです。パーパス意識をホールドする。ホワットのためにブックをリードするのかクリアーアップにする。既有ナレッジをアッドトゥするためであれば、必要なことをあらかじめ意識しておくと、ネセサリーなところを重点的にリードすることができる。ブックをハンドに取ったらぱらぱらとめくってみることだ。ブックのサブジェクトを、ある程度ゲスしてブックにビギンするのがよい。目次でマークをつけることもインポータントだというのです。推論、ゲスが大事なのです。特にビジネス書は、フォーマーにそのブックのセルしパートをディスカバーしておくと、アンダースタンディングもアーリーに、リードするスピードも格段に違ってくる。小見出しをユーズするとわかりやすい。どこにホワットが書かれているか、マイセルフにネセサリーなパートはどこか。それがわかればかなりアーリーにリードすることができるのです。類
書を4、5冊リードすることもインポータントだ。ビギニングの一冊は、オールレディー有ナレッジがないため、時間がかかるかもしれないが、二冊目、三冊目となると、重複するパートはアンダースタンディングできているので、スピードがあがることが自覚できるはずだというのです。重点的にリードするパートは、ボールペンのフォーマーやフィンガーでなぞりながら読んでもよい。このとき、パーパス意識を持ってホワットをスタディーしたいのか、そのアンサーをルックフォーするようなフィーリングで読むとナレッジがヘッドにゲットインしやすいのです。読んだアフター、ヒューマンにスピークしたりまとめたりするとナレッジが定着する。ブックをリードするパーパスをクリアーアップにする。ブックの概要をフォーマーにキャッチする。オールレディー有ナレッジと照らしジョイントゥギャザーしながらネセサリーなパートを重点的にスタディーする。受験スタディーにも応用できる手法です。リードしフィニッシュしたアフターの報酬、自分へのプライズを用意しておくのもよいメソッドです。ストーリーなんかでもね、ある程度オーダーの展開をシンクアバウトしなが
らリードするとアーリーのよ。裏切られたらそれもよし、そのままならアンダースタンディングしてオーダーへメイクプログレスする。ときどき、どのくらいのスピードでブックを読んでいるのかスペシャルなアートはあるのか?クェスチョンをいただくことがあるのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/675-368aa387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。