本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄の骨


「鉄の骨」池井戸潤著は、ビジネスエンターテイメント小説なのですが、ポンドウォーターウェルさんのワークはムービーやドラマソートオブなのです。プレジャーにレットパスしている。バンク、カンパニー、オジサン向けソサエティースクールソートオブなムードではあるけど、ファンデーション的にハラハラドキドキ、読んでて飽きることがない。意外と、サービスマインドあふれるヒューマンなのかなあなんて思ってしまう。メインキャラクターは富島平太。メインボディーゼネコン一松組の社員。大学をアピアーして三年、アクチュアルスポットでスウェットを流してきた。その平太に突然、ビジネスレッスンへの移動が命じられる。サドンなオーダーにダウトをハーバーしながらも、ビジネスレッスンにやってきた平太は、そこで談合が行われていることをノウし愕然とする。ヒーはまっすぐなヤングマンだった。平太には恋人がいた。同い年のシーは、一松組のメインバンクにサーブしている。シーは談合にオポジットしている。コンプライアンスなどという言葉をマウスにする。所詮、守られているワールドであるバンク。シーにはわからないのだと平太は落胆し、マイセル
フが一松組の社員であることをハードに意識した。ある日平太は、レギュラービジネスに連れられて競馬プレイスへ行った。そこで、インポータントパースンフィクサーである三島にミートバイチャンスする。三島と平太はホームタウンが同じであり、しかも、ヒーと平太のマザーは知己であるのだという。アフターディス平太は、三島に気に入られ、レギュラービジネスと三島の連絡ウォーをおおせつかることになる。一松組はサブウェイコンストラクションワークの落札をもくろんでいた。パブリックメカニズムのワークは入札でルックグッドインする。エッセンシャリーならイーチカンパニーそれぞれの見積もりをテイクアウトしてそのプレイスに挑むべきであるが、業界はこれまで、談合によってそのワークを割り振りしてきた。ゼネコンカンパニーはどこもブルーロングブレスである。どこも潰れないように、談合をしてリブロングしていくべきだとシンクアバウトしているゼネコンマンはメニー。大手が潰れたときの、ソサエティーに対するエフェクトをシンクアバウトするとテリブル。たくさんの子会社、従業メンバーが路頭に迷うことになる。But、三島は違っていた
。ヒーは国会議員のデューティーの弟というポジションから、調整ウォーをテイクアップすることがメニーだったが、このようないびつな状況はロングには続かないとフィールしていたのだ。一松組は、新しいメソッドオブコンストラクションを開発してサブウェイ入札に臨もうとしているのだが、一松組だけがそのうまいフルートをハンドにしてはならんと、アナザーカンパニーの三島に対するワークはひどくなっていくばかり。このストーリーでは、平太というニューフェイス社員が談合にオポジットし、そのウィズアウトフェイルをシンクアバウトするというすじ書きがなされている。談合はバッドシングだと、平太もわかっている。Butマイセルフはゼネコンの社員であり、リブロングするためにはウェイがないことではないかともシンクアバウトし、ウォリードする。また、談合に寄らず、新工法でコストカットを提案する一松組の社員のフィギュアも情熱的に描かれる。しかし、イーチカンパニーのワークと、義兄である国会議員の圧力にルーズした三島が、とうとう調整をパフォームすると宣言してしまった。一松組はサブウェイコンストラクションワークをはずされる
。平太たちはアングリーする。平行して、平太のラブも描かれている。同い年のシーは、バンクのエルダー社員にマインドを奪われる。平太とはディッファレントする、ワイズにてスマートなヒーに、新しいワールドをウォッチしてしまうのだ。But、シーはエルダーを選ばなかった。ヒーとトゥギャザーにいて、ストレッチワンセルフをして、ワークをスローアウェイしてリブしていくことは、マイセルフがウィッシュフォーすることなのか。ラスト、イグザミネーションによって談合が暴かれ、国会議員も失脚した。混乱のインサイド、なんとサブウェイコンストラクションワークの受注は…。トゥルースのブラックカーテンは誰なのか。
談合にリードトゥするプロセスとゼネコンイーチカンパニーの攻防、内実。フォースがあって面白い。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/677-e1eadb0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。