本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミック版「原因」と「結果」の法則


「コミック版『原因』と『結果』の法則」ジェームズ・アレン著、潤色・脚本:小山高生、作画:高見さちこは、自己啓発書のオールドブックインサイドのオールドブック「原因と結果の法則」のコミックエディションで、アンダースタンドしイージーにピクチャーもきれいです。原因と結果の法則というブックは、プレゼントタイムから約1世紀ビフォーに書かれたもので、人はそのソウトのストリートのライフをウォークするという、さまざまな自己啓発書の源流となったブックなのです。ライターバイワンセルフは、メニーのヒューマンに読んでもらいたいという気持ちから、英国以外のカントリーでのライティング権は放棄している。聖書のオーダーに売れたとさえ言われているベストセラーです。コミックのステージは現代のジャパン。ふとしたきっかけでこのブックに出会った青年が、ヒューマンやワークとのかかわりのインサイドで、よりディープにそのレッスンを学んでいくというストーリーです。メインキャラクターは江田阿礼。アニメ製作カンパニーにサーブする23歳のヤングマンです。阿礼はある休日に、パークでグレートコストが入ったパー
スをピックアップする。ポリースボックスに届けたところ、オーナーから一割の謝礼が送られてきた。拾ったものをデリバーするのはユージュアル。阿礼は祖母から、ワールドマナーに恥じないようリブと教えられていた。リターンサムするつもりだったが断られ、ウェイなくトータルを慈善ビジネスに寄付することに。チャンス、そのことがカンパニープレジデントのイアーにゲットインし、ヒーは自宅にインヴィテーションされる。なんとパースのオーナーは、阿礼のカンパニーのカンパニープレジデントのワイフだったのだ。カンパニープレジデントのワイフ、鈴木奈緒美から、阿礼は一冊のブックを紹介される。原因と結果の法則という、100年前に英国ヒューマンが書いたブックだ。ブックを読んだ阿礼は、そのワードにディープなディープインプレッションをおぼえる。マインドはクリエイションのマスターです。マイセルフたちをサークルする環境は、トゥルースのマイセルフたちを映し出すミラーにほかなりません。マイセルフたちのライフは、アフターオールはマイセルフたちバイワンセルフが選んできたものなのです。カインドな気持ちをホールドする人はよいラ
イフを、よこしまなフィーリングをホールドするヒューマンはとげとげしいライフを。マインドのインサイドで、よいソウトをひそかにめぐらせることでディープレベル心理においてよいシンキングをする。ヒューマンはマイセルフのライフをベアーフルートしあるものにすることができるのです。人はアナザーパースンを変えようとするが、マイセルフをチェンジすることにはポジティブマークになれない。欲があるからだ。But、トゥルースのワンセルフデューティーとは、マインドのインサイドによいシンキングをフィルすることです。阿礼は、このブックのレッスンをファンデーションに、さまざまなヒューマンたちのトラブルを解決しようとトライする。ワークでワールド関係にウォリードするフレンドには、よいアクションこそがよいリザルトをギブバースするのだとウォーンし、病気にウォリードするフレンドには、フィアーを抱かずに、マイセルフのマインドをプロテクトとリポートする。ライトなライフをリブしたヒューマンにとっての老化は、ゆるやかでジェントルなもの。沈みゴーするサンのように、円熟味をグローしていくものなのだ。サクセスはグレートエ
フォートとトラブルのリザルトであり、ライトなアクションによってもたらされたものなのです。サクセスしているアナザーパースンを、あのヒューマンはラックがいいとねたむのはフーリッシュなことです。サクセスはマイセルフのマインドをライトにコントロールできたものに与えられるのです。ヒューマンをねたむのはやめたいと、また、マイセルフのマインドくらい、マイセルフでコントロールしなくちゃいけない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/679-45ea2fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。