本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きりこについて


「きりこについて」西加奈子著は、きりこというガールのライフ。お姫様ソートオブなクローズズが好きなきりこだが、ハンドレッドヒューマンいればハンドレッドヒューマンのヒューマンがブス!というほどの、ひどいパーソナルアピアランスをしているのです。きりこは、マイセルフがブスであると知らずに育っていた。何しろきりこの両親は、フーもがライトアップする美男ビューティフルウーマンなのです。両親はきりこを、かわいい、かわいいと誉めそやしてレイズしていたのです。幼稚園にあがっても、プライマリースクールへ行っても、きりこはマイセルフをかわいいと信じている。クラスのガールたちにあれこれと指示をして、クィーンマナーのように振舞っていたのです。そのきりこはいつか、キャットを拾って帰ってくる。きりこのリブインする団地はペット禁止であるのだが、その規則を守っているパースンはいない。きりこはキャットに、ラムセス2世というネームをつけた。キャットはトークができる。猫はワイズなのだ。あるときからきりこは、ラムセス2世とカンバセーションをターンアサイドするようになる。プライマリースクールも高学年にな
ると、ボーイたち、ガールたちのスペースにチェンジがプロデュースしてくる。ガールは生理がビギンし、ボーイたちもかわいい女の子に目を奪われるようになった。サッチある日、きりこはラブになったこうたユーにラブレターをテイクアウトすることにした。だがアクシデントなことに、レターはクラスメイトに見つかり、こうたユーはさんざんからかわれてしまう。やめてくれや、サッチブス!と、こうたユーはショートなボイスで言う。ハンサムでガールにもポピュラーがあったこうたユーは、からわかれることに我慢ができなかったのです。マイセルフが、ブスきりこはびっくりした。ブスとはホワットか、かわいいとはホワットものか。ウォリードし、考えたきりこは、アウトサイドにアピアーすることをやめてひたすらスリープしコンティニューする日々をセンドする。きりこがハウスのアウトサイドにアピアーしたのは、セイム団地にリブインするちさダディーがドリームにアピアーしてきたからだった。ちさダディーはきりこに助けをリクエストしていた。ちさダディーは早熟なガールで、早いうちにセックスをリメンバーしてから、そのプレザントフィーリングをインベ
スティゲイションすることに熱心だった。ミーティングシステムでマンをルックフォーし、性交に励んでいたのだが、あるとき、ちさダディーはあるマンにレイプされてしまう。ちさダディーがいやだと言ったのに、マンはシーに性交を強要したのです。傷ついているちさダディーのビフォーに、たくさんのキャットを従えたきりこがアピアーする。ウーマンアソシエイションに訴えても、ミーティングシステムではあなたがディッフィカルトとけんもほろろだ。望まない性交は、レイプと呼んでミステイクがないはずなのに。憤ったちさダディーは、AVインダストリーにボディーをスローする。ついにはワークカンパニーのカンパニープレジデントになり、きりこやラムセス2世とともに、女性が望まない性交をドローする作品を、業界から根絶しようとグレートエフォートする。そのタイム、きりこのビフォーに再びあのこうたユーがアピアーした。アピアランスしかとりえがないヒーは、暴力団のパースンとなっていた。きりこは再びシンクアバウトする。マイセルフは、こうたユーのハンサムなフェイスがラブだった。だがそれは、マイセルフがブスにとらわれていたよ
うに、こうたユーのトゥルースをウォッチしていなかったのではないか。こうたユーもアダルトになった。人の本当はアピアランスなどではない。それに気づいたヒーは、きりこのトゥルースのフィギュアをウォッチするようになるのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/681-4706aae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。