本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンチをチャンスに変える51の質問


「ピンチをチャンスに変える51の質問」本田健著は「ユダヤ人大富豪の教え」などで有名な本田健さんのブックで、ワンセルフ啓発書です。ピンチに陥ったときの心構えが紹介されています。ピンチに陥ったときには、ライフでワーストだったときは?本田健さんがワーストだったイベントは、ニューヨークで盗難にあったこと。荷物オール、マネーも何もかもなくなった。警官には、ぼんやりしているパースンがディッフィカルトなのだと言われたのだが、親切な人にミートし、リターンのトラフィックコストをもらうことができたというのだ。そのヒューマンもフォーリンカントリーでセイムようなアイにあっていて、そのときのリターンギフトをしただけだと言ったというのだ。本田健さんはインザフィーチャー、このトークをアミュージングおかしくイーチパースンにスピークした。すると、アポロジーないねとミールをおごってくれたり、旅費をカンパしてくれるヒューマンがアピアーしたというのだ。ピンチからうまくカムバックすれば、そのホワットトゥワイスもすばらしいことがあるというのです。
リブしていくのにミニマムネセサリーなものは?起業をドリームする息子に、本田健さんのファザーは立って半畳、寝て一畳。ワールドがリブしていくには、これくらいのスペースがあればよいというミーニングなのです。本田健さんは、何もかも失ったときの心構えを持とうと、ホームレスライフをしたことがある。不便だが、ライフまでとられはしないというピースオブマインドがあったというのです。トゥデイ一デイオブマンスでサンクスできること5つは?本田健さんは寝るビフォー、そのデイオブマンスあったことをターンヘッドするカスタムを持っているそうだ。いろいろなことがある。いいことをシンクバックアポンして、サンクスのフィーリングを抱いてスリープする。サンクスすべきことがたくさんある。うれしいことやささいなことでもサンクスできるようになる。魅力マークなワールドになれる。ファンなこと、いいことがどんどんやってくるというのです。サンクスのカスタムは、好循環をギブバースする。モーストのマイセルフなら、どうリブするだろう。なんとなく中途半端。100パーセントのマイセルフで生きていないヒューマンは、マイセルフにクェ
スチョンをスローアットしてみよう。一度モーストの自分で生きてみると、中途半端がフィーリングディッフィカルトになる。そして、モーストのマイセルフをテイクアウトすることができれば、ネイチャーに周りも変わってくるものなのです。リスペクトするヒューマンなら、どういうアクションにアピアーするだろう?。困ったことがあると、本田健さんはイマジネーションメンターグループにディスカッションを持ちかけるのだそうです。メンターとは、マイセルフをティーチし、導いてくれるヒューマンのこと。ここでイマジネーションと言っているのは、本田健さんが歴史オーバーのキャラクターにレッスンをアスクするているというのです。困ったとき、坂本龍馬を思い浮かべる。ガンジーを、ジョン・レノンを。ゼイならどうするだろう。ゼイならなんとアンサーするだろうと。クェスチョンリプライが51質問です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/687-e0a48f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。