本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シブすぎ技術に男泣き!


「シブすぎ技術に男泣き!」見ル野栄司著は、ネジは何気なくウォッチしている、ごくありふれたものですが、ネジホールひとつをオープンするにも、シーリアスな工夫と技術がネセサリーなのです。量産シングは、マシンでシンプルにオープンすることができるのですが、開発グレードではヒューマンのハンドでオープンしてやらなければならないのです。ネジホールは、ボール盤というマシンを使って開けられる。ボール盤は、アイアン、アルミ、真ちゅうなどのソリッドなものにも垂直にホールを開けられるすぐれシングなのです。ライターのウォッチしルフィールドさんは元エンジニア。アルミボードにホールをオープンするために、カンパニーのマシンルームへ入っていく。迎えるのはベテランルームモニターのNさん。アルミボードにケガキをして、ポンチというくさびのようなものをドライブインする。このときNさんは、ネイチャーが曲がっているとポンチもはずすと一喝するというのです。ポンチでホールをオープンすると、フォーマーのボール盤に固定する。キリが貫通してもローグレードにカットがつかないようにブロックをスプレッドアウトし、万力でハード
におさえなくてはならないのです。Nさんはプロとシロウトのディッファレンスについて、怪我をしないことだというのです。ワークはメイクプログレスする。ボール盤のキリを回転させながらホールをオープンし、周りにできたバリをテイクする。開いたホールにタップハンドルというトールをプットインしてネジホールをメイクするのです。コンプリートシングを持って、意気揚々とアピアーしてゴーするライターだが、そこでNさんがつぶやくのだ。やっぱりおめえはシロウトだ。片付けができてないというのです。エクスキューズがましいライターに、Nさんがとどめのワードは、クリーニングや片付けができねえサーヴァントは必ず怪我すんだ。オレと、そのマシンがいちばんウォッチしてきたからな。ウォッチするとマシンは昭和60年製造である。アートよりもクリーニング、片付けのナレッジをインポータントに。製造アクトでジャパンをサポートしてきたベテランのマンと、機械が生んだレッスンに思わずライター、男泣きするのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/688-5be9728b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。