本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピー・リタイアメント


「ハッピー・リタイアメント」浅田次郎著は、プロローグがインタレスティングにライターである浅田次郎さんがアピアランスするのです。ライターとしてサクセスした浅田さんは、ある金融メカニズムの職員のコールをアクセプトし、三十年ビフォーに保証した金を、整理するための書類にサインをしてくれと言っているのです。借金は返せなかったのですが、時効なのです。もはやリターンサムするデューティーはないのだが、書類オーバーのプロセスがネセサリーだと職員は言うのです。彼とのやり取りのアフター、浅田さんは返済デューティーのないマネーを返すデシジョンをしたというのです。マイセルフのパーストを清算したいと思ったのです。このエピソードは、トゥルーストーリーなんですが、ライターさんは、こんなイベントからストーリーをメイクするのです。ユージュアルどおりのネタばれウェイです。メインキャラクターはおじさんふたりで、財務省をリストラされた野口慎太郎と、同じく自衛隊をアーリーステージ退職させられた大友勉。ともに56エイジ。財務省を退いた慎太郎に、ワイフは離婚届をプレゼントした。チャイルドたちもハウスからアピアー
して行き、ファミリーはバラバラ。大友勉には妻子がなく、ファミリーを持たないというスポットでもふたりは共通していたのです。慣れたプレイスオブワークを追い出されたふたりは、ホールカントリー中小企業振興アンダースタンディングという金融メカニズムに新しい職を与えられているヘブン下りなのです。ファインなルームはあるがワークはなく、ただぼんやりパスしてくれと言われ、ふたりはサプライズドし、ウェイにゲットダークした。ふたりのヘルプをするのは立花葵という四十プライスのウーマンだ。ビューティフルパースンでスタイルもいい。もともとは銀行メンバーだったのです。立花葵は矢島という理事と愛人関係にある。矢島はいけすかないマンだ。ヘブン下り、官僚ルールの見本のようなマンだ。葵はあきらめている。ラブのないボディー関係も、ノーミーニングといえる仕事もうんざりだが、ハイサラリーを得られるこのワークをやめたいとは思わなかった。ホールカントリー中小企業振興アンダースタンディング、略してJAMSは、戦後GHQが立ちギブした組織だ。キャピタルのないヒューマンにもチャンスが与えられるように、パースト保証を
するのがそのパートだったが、焦げ付いた債務もたくさんある。エッセンシャリーならコレクトするべき債務であるが、JAMSの職員はインダストリーではなかった。借金はリーブアズイズされたままだった。慎太郎、勉のふたりから、ワークがしたいと突き上げられて、葵はこの債務を整理することをシンクオブする。時効を迎えたものばかりだ。クレイム放棄の書類を整えるだけでもよい。リターンサムするスピリットがあるヒューマンを見つけられたらもうけものだ。ふたりは手分けして債務パースンをヒットする。債務パースンは、ビジネスマークにサクセスしているヒューマンがメニーだった。ゼイはマイセルフのプアーだったパーストを清算するつもりで、借金の返済をリポートトゥしてきた。マネーが集まってくる。葵はこのマネーをフォーリンキャピタルシステムバンクに預けていた。そうすればインベスティゲイションされないことを知っているからだ。矢島理事もフールではなかった。葵たちのアクティビティーをノウし、マネーをよこせと脅しをかけてくる。葵はデシジョンした。おじさんたちふたりに連絡して、ハワイにフライトさせた。もちろんマイセルフも
アフターに続く。返済ピクチャーは3億にのぼる。三人で山分けして、これぞハッピーリタイアメント……!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/702-6468b60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2010/04/19(月) 18:35:18 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。