本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライオンのクリスチャン─都会育ちのライオンとアフリカで再会するまで


「ライオンのクリスチャン─都会育ちのライオンとアフリカで再会するまで」アンソニー バーク、ジョン レンダル著・西村徹訳は、ユーチューブでトピックになったこのビデオで、ライオンが、マンふたりに駆け寄ってくるのですが、ライオンはゼイにクローズにボディーをすりカムニヤーし、後ろ足で立ち上がって抱きつくまねまでしてみせているのです。ライオンのネームはクリスチャン。ベリィヤングなタイム、ヒーはなんと、大シティーロンドンでリブしていた。クリスチャンをレイズしたふたりを、クリスチャンはフォゲットしていなかったのです。インプレッションマークなこのビデオにアピアーしてくるふたりが書いたブックで、クリスチャンがどのようにやってきて、去って行ったかが書かれているのです。1970年代の話で、アットザットタイムの英国のハロッズでは野生のアニマルが売られていたのだそうだ。まだチャイルドだったクリスチャンも、ハロッズのショーケースのインサイドで買い手を待っていたというのだ。ライターのふたりはオーストラリアから英国に来たばかり。無謀で無鉄砲なところもあるヤングマンでした。ゼイは働いている
アンティークショップのオーナーにかけあい、クリスチャンをそこでキープすることにディサイドした。運動場には、ニヤーのチャーチのガーデンをボロゥすることがレディした。実際に、クリスチャンがそこでライフしたのは一エイジまでのことだったのです。ライオンはグループでリブするため、キャットよりもソサエティーカスタムがあるのだという。ゲストにもよくなじみ、ポピュラーパースンであったとか。アットザットタイムの写真がいくつかあるのですが、大きなキャットといったフィーリングでとてもかわいらしかった。引き出しからクローズズをディグアウトしたり、テレビによりかかったり、キャットラブにはたらないのです。ボディーがビッグになると、シティーで暮らすことはディッフィカルトになってきた。ふたりは最初、サファリパークに預けるつもりだったのですが、そこでは動物ショーなどにも参加させられることがあるというのです。クリスチャンはグッドラックのライオンだと言えるかもしれません。チャンス、ふたりのストアーに「野生のエルザ」の主演アクター、ビル・トラバースがやってきたのです。コントロールとも知己をポッシブルし、ふた
りはケニアでライオンをワイルドにリターンサムするプロジェクトをメイクしているジョージ・アダムソンにめぐりフィットすることになるのです。クリスチャンをワイルドにリターンサムする。ふたりはさまざまな苦労をパスして、ヒーをケニアにプットバックすることにサクセスするのです。クリスチャンはボーンして初めてライオンソサエティーに直面することになり、エルダーライオン、ボーイにランクを教えられる。もともといたワイルドのライオンたちとのコンフリクトもエクスペリエンスしながら、クリスチャンは自分のファミリーをハンドにプットインしたのです。ユーチューブのビデオは、著者たちふたりとクリスチャンがパートフロムして約1イヤーアフターのことだそうです。すっかりアダルトになったクリスチャンは、かけ寄って来てふたりに甘え、かつてのエブリデイをリメンバーしているのです。ワイルドの動物とのアソシエイション方というものを真剣に考えさせられます。1970年代のトークで、プレゼントタイムでは考えられない、ファンタジーソートオブなストーリーです。クリスチャンのかわいらしさももちろんだが、ヒーのために奮闘す
るワールドたちにも大いにインプレッションさせられつつ、すごいピリオドだったのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/706-b3b7a1db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。