本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超!部下マネジメント術-1/


「超!部下マネジメント術-1/3の時間と労力で人が育つ!」石田淳著は、インストラクショナルデザインなるメソッドをファンデーションにして書かれたブックなのです。インストラクショナルデザインは、第二次世界大戦時に米軍がワークアウトしたものなのです。インストラクショナルデザインは、大勢の新兵に、クイックに軍人としてのファンデーションをティーチするために開発されたのです。アディーモデルのトラクショナルデザインは、分析、プラン、開発、実施、評価の5つのプロセスに分けられているのです。ガイダンスパースンの心構えでは、インストラクショナルデザインは、ビギニングに分析をし、ガイダンスやトレーニングのパーパスをクリアーアップにし、マークをディサイドし、どれくらいのタイムや予算で達成すべきかをディサイドしていきます。ガイダンスパースンが理解してないと混乱してしまいます。ビギニングにパーパスをクリアーアップにし、次にプラン。分析をファンデーションにガイダンスのカリキュラムをドローアップしていくのです。評価のウェイも、このグレードで考慮しておきます。開発は、ガイダンスのための教材
コンストラクションなど既存のものをユーズします。プットイントゥプラクティスは、フォーマーの教材を使って実際にやらせてみて、どのくらいできたかどうか評価し、アンダースタンディングディグリーをメジャーします。理解ディグリーにディフィカルティがあるケースは、もう一度ガイダンスをくり返します。このブックでは、部下はライトとスピリットに銘じよといっています。年功序列、ホールライフハイアーが崩れつつあるカレント、部下にかつてのような愛社マインドをリクエストするのはディッフィカルト。ウォッチしてリメンバー、ラーンするより慣れろでは、辞めていく部下もアピアーしてきます。マイセルフにとってはユージュアルでも、アナザーパースンは知らないことがあります。それを自覚することがインポータントなのです。知っている、これくらいならできるだろうと思っていたら、思わぬしっぺ返しをもらうことになるのです。ティーチするサイドがどのディグリーの知識を持っているか、事前にテストをしておくとよいのです。教わるサイドのレベルは、あらかじめキャッチしておきます。ガイダンスに際しては、数値化し、フーでもわかるワードが
あります。カスタマーのフォローをインポータントにではなく、1ヶ月に一度テレフォンをプットインする、コールするなどというスピーキングスタイルにするとわかりやすく、プラクティスしたかしていないかがクリアーアップになるというのです。このエッジ、教えるサイドにネセサリーなことは、優秀なヒューマンのアクションを分析し、数値化することです。ビジネスにアピアーしたらどのようにビヘイブするのか、カスタマーとはホワットトークをするのか。わかりやすくマテリアルカスタムをレイズしてあげると、教わるサイドもプラクティスしやすいのです。リーズナブルな評価も与えること。アンダースタンディングディグリーがどのディグリーか、事後のテストも有効である。アンダースタンディングディグリーに、思ったほどのプログレスがなかったら、そのコーズを分析します。プレイズすることもインポータントで、褒められることがわかると、モチベーションもキープしやすい。褒められたことはくり返し実行します。

スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます!

石田淳の会社のスタッフをしております、 ウィルPMインターナショナルの篠崎と申します。 このたびは、弊社代表石田の著書をご覧下さいまして、ありがとうございます! 今後ともよろしくお願いします!

  • 2010/04/14(水) 23:38:22 |
  • URL |
  • ウィルPM 篠崎 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/707-8732ae10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。