本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちばんじゃなくて、いいんだね。


「いちばんじゃなくて、いいんだね。」松野明美著の松野さんご自身も、ブックのインサイドで書いているのですが、松野さんはずっと、ベスト以外にバリューを置かないライフを歩んできたというのです。テレビステージアピアランスに際してもそうで、フーよりもビフォーにアピアーして、アナザーパースンよりもスタンドアウトすることが自らのワークなのだというのですし、そうウォーンしていたそうです。共演パースンとぎくしゃくすることも少なくなかった。押し付けがましさが、アテンションパースンにも伝わったのではないかと、松野さんは反省をしているのです。ボディーがスモールに、スタディーもプライドでなかった松野さんにとって、ランすることはライフそのもの、ワンセルフ表現そのものだったのです。勝たなければミーニングがないと、ずっとビリーブしコンティニューしていたのです。プレーヤーピリオド、チームメイトにハイドしてプラクティス量をアッドトゥし、プラクティスしているのがばれると、マネをされてしまうからなのです。こっそりプラクティスばかりして、いやなチャイルドでした。陰口を叩かれても平気だった。アナザーパースンを出
し抜いて、ウィンすることが当然だとシンクアバウトしていたからです。松野さんは結婚をして、ふたりのボーイをレシーブします。ひとりアイは健常チャイルドだったのですが、ふたりアイは、バースのモーメントにハートに欠陥があることを知らされたのです。ドクターをブレイムしたのだそうです。ささいなミスを見逃さず、コンプリートに責め立てた。ゼイもベリィハードハンドをランアウトしてくれているのですが、松野さんはライトアップすることができなかったというのです。セカンドサンの健太郎くんのハート病は、ダウン症チャイルドによく見られるコンディションだったのです。健太郎くんは、生まれながらにダウン症という障がいを持っていたのそうです。ハートは、手術をしてよくなった。次に松野さんが考えたことは、このチャイルドをオフィシャルにしてはいけないということでした。ファインな松野ビューティフル。サウンドな松野明美。そのマイセルフに、障がいチャイルドなどいてはいけない。自らもブレイムしたが、松野さんは「なぜサッチチャイルドが」と、健太郎くんの存在を否定しコンティニューしていたのです。
マスターとデューティーのご両親は、健太郎くんをウォームに見守っていたそうです。ワークでビジーな松野さんの代わりに、健太郎くんのヘルプをテイクアップしてくれた。松野さんはウォリードし苦しんだ。まだスモールな長男にも、辛いソウトをたくさんさせたのです。松野さんは、障がいチャイルドをサポートするアソシエイションにタッチするようになる。健常チャイルドである長男に比べるとシュアにレイトが、健太郎くんも確実に、成長をするチャイルドであることを、松野さんは知らされるのです。セイムダウン症チャイルドをホールドする親たちにも会った。松野さんは変わっていく。このチャイルドも、なんらほかのチャイルドとチェンジすることはない。成長がゆっくりなだけの、ジェネラルのチャイルドなんだと松野さんはアンダースタンドするのです。松野さんはランしコンティニューしてきたが、そのハイトオブに周りのシーンをウォッチしたことがなかった。引退アフターに参加する、一般人とともにランするレースでも、ベストでなければ気がすまなかった。だけどプレゼントタイム、まわりをチャイルドたちに囲まれ、カンバセーションをターンアサイド
しながら、松野さんは走っている。ストリームしていく風景にアイをやる余裕もできた。ベストじゃなくてもいい。健太郎くんがやってきたことで、松野さんはネイチャーにそう思えるようになったのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/711-05a7a20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。