本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84 BOOK 3


「1Q84 BOOK 3」村上春樹のステージは1984年のジャパンで、BOOK3は牛河というマンのストーリーが、その合間合間に挿入されているのです。前作で、新興宗教アソシエイション「さきがけ」の教祖をマーダーした青豆。彼女はガンポイントをマウスにプットインし、自殺をトライした。Butひきがねをひかず、老ウーマンの用意した隠れ家にボディーをハイドしている。「さきがけ」の信者に見つかったら、残酷な制裁をアクセプトするだろう。セーフティーなプレイスへムーブするべきなのだが、青豆はその隠れ家をアピアーすることができずにいた。青豆はチャイルドのタイム、親のビリーブする宗教のせいでいじめられていた。ただひとりかばってくれたボーイ、天吾の成長したフィギュアをチャンスに発見したのだ。天吾は隠れ家のビフォーのパークで、スライドのオーバーに上ってマンスをウォッチしていた。やがて青豆は、マイセルフが身ごもっていることに気づいた。思い当たることはホワットもないというのに。青豆はこのチャイルドが、天吾のチャイルドであると確信をハーバーする。一方天吾は、入院しているファザーのそばにつききりにな
った。隠れ家の青豆がエブリデイ、ヒーのフィギュアをルックフォーしてウィンドウに座っていることも知らず、天吾はファザーのホスピタルのあるタウンでフィギュア日をパスする。その存在がクローズアップされるマン、牛河は元ロイヤーである。ロングサイドソサエティーにリブするヒーは、「さきがけ」から青豆をルックフォーするワークを請け負っていた。カウリバーは醜い男だ。優秀で、ビューティフルなファミリーのインサイドでいつもアローンだった。ヒーは天吾と青豆の関係をノウし、天吾の周りをウォッチすることにディサイドする。天吾と青豆は、プライマリースクールの同級生だった。それシンス一ディグリーも会ってはいない。But、互いにファミリーに恵まれなかったふたりは、ハードな絆で結ばれていたのだった。カウリバーにはわかる。ふたりの孤独。自立せざるを得なかった、ホットなチャイルドたちのフィーリング。それは、カウリバーバイワンセルフがずっとボディーのインサイドに抱いてきたフィーリングであった。天吾が戻ってくる。アフターをつけた牛河は、ナイトスカイにマンスが二つ並んでいるのをアイにした。マンスがふたつある
ワールド。それは1984年ではなく、1Q84年。天吾と青豆、ふたりにスティックトゥするうちに、牛河もいつしか1Q84のワールドに入り込んでしまったのだ。驚愕のあまり、牛河にモーメントの油断がボーンする。ヒーの存在は、青豆に知られることになってしまった。デンジャーは排除せねば。牛河は、青豆のカンパニーのハンドによって殺されてしまう。「さきがけ」はあわてた。ゼイは、青豆を殺さないとリポートトゥしてきた。教祖をキルした青豆への復讐を、断念するというのだ。「さきがけ」は、リトルピープルなるヒューマンたちのワードをヒアするパースンの存在をリクエストしていた。それこそが教義であるのだから。青豆はエスケープすることを決意した。「さきがけ」が、お腹のチャイルドを狙っているのに気がついたからだ。青豆はカンパニーのハンドをボロゥして、天吾にめぐりフィットすることができた。妊娠していることをインフォームすると、天吾も青豆の腹にいるのはマイセルフのチャイルドだとオーネストにビリーブした。青豆が身ごもったのは、ヘブンマイふかえりと交わった日である。ふかえりは媒体だったのだ。あの日、ふかえ
りのインサイドに放った精は、青豆のボディーに行き着いたのだと青豆は思った。ふたりは、もう一度、ノーマルなワールド、1984年に戻ろうとする。青豆は天吾のハンドをとって、1Q84のエントランスになった首都ナンバーへフェイスする。来たときとオポジットに階段をライズし、とうとうふたりは1984へ戻ってくる。BOOK3では、青豆と天吾のすれ違いとめぐりフィットしがメニーに語られていた。ラブストーリーでセパレートになっていたのに、忘れることができなかったふたりのロマンチックストーリーですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/717-081b970e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。